ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホとハコ眼鏡でチェック! モデルルーム見学法に新しい波

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バーチャルの世界が、モデルルームの見学方法にまで広がっている。特製キットとスマートフォンがあれば、自宅にいながらマンションのモデルルームが見られるというのだ。その名は「ハコマンションVR」。取り寄せて、編集部と一緒に体験してみることにした。はたしてモデルルームがどのように確認できるのだろう。
キットを組み立てて「ハコマンションVR」を体験!

バーチャルを活用した「ハコマンションVR」の提供を始めたのは、コスモスイニシアの新築マンション「イニシア船橋夏見」。資料請求した先着300名に、体験キットを無料で送付している。

編集部にお邪魔して、早速キットを組み立ててみた。編集部に届いた体験キットが画像1の写真だ。説明書があるので、簡単に組み立てられるかと思いきや、意外に難航。筆者が実は不器用だということが露呈してしまった。途中で「Help me!」と、編集部Sさんに手伝ってもらって何とか形になった。

次は、スマートフォンで専用のアプリをインストールする。アプリを立ち上げたら、キットに組み込んで、これで完成。さっそく見学開始だ。

【画像1】(左)届いたキットを「いざ組み立てるぞ」意外に組み立てに難航。(1)から番号の順に差し込んでいくだけと書いてあったが、早速(1)の差し込み方が分からず。よく分からないまま組み立てを開始してしまった。(右)編集部に助けを求めて組み立てる。「金属の輪がよく分からないけど、まあいいや」(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】(左)なんとか形になった。(右)アプリをスマートフォンにインストール。筆者のスマホの場合はAndroid版(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像3】(左)スマホを取り付けて「ハコマンションVR」を見る。どうやら金属の輪は無くてもきちんと見られるようだ。(右)キットの中のスマホの映像はこんな感じ(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

まず出てくるのが、見学メニューのコマ映像。物件紹介、マンションギャラリー、モデルルーム(キッチン)、モデルルーム(リビングダイニング)、モデルルーム(玄関)、パノラマビュー(7階)の6つのメニューがあるのだが、視界の中にはメニューが2つくらいしか見えないので、メニューを探すには右を向いたり左を向いたり、くるくる動くことになる。

まず、モデルルーム(キッチン)を選択すると、キッチンの写真がパノラマでバーチャルに見える。さらに虫眼鏡マークがあり、そこを選択すると「時短家事動線」や「カフェカウンター」といった特徴の説明が表示される。

メニューを選びなおすか、矢印を選択すると、次の場面に飛んだりできる。リビングダイニングや玄関も同じようだったが、最上階7階からの眺望が360度のパノラマビューで見られるのが、一番盛り上がった。

自分だけで盛り上がってはいけないと、編集部Sさんにバトンタッチ。Sさんも下を見たり、右や左を見たりしているのをはたで見ていると不思議な光景で、これは自宅でこっそり見るのがよいという結論に達した。

【画像4】挙動不審な筆者と編集部Sさん。視線を動かすたびにスマホが動いて見づらいと思ったら、組み立て方が間違っていたことが発覚。公式HPに組み立て動画が掲載されているので、動画を見ながらつくるほうが間違いないようだ(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)バーチャルツールを活用すれば、今後のモデルルームの見せ方も変わっていく

「なぜ、バーチャルでモデルルームを見られるようにしたのだろう?」
いろいろな疑問が頭に浮かぶ。
そこで、これを導入した「イニシア船橋夏見」所長の中路健太郎さんにお会いして、聞いてみることにした。

「バーチャルでモデルルームを見られる『ハコマンションVR』は、あくまで素材として提供しているものです。それで気になるとなれば、アクションを起こしていただくきっかけになります。想定外でしたが、来場された方が持ち帰って、ご両親に見てもらうといった使い方もされているようです」と中路さん。

ではなぜ、イニシア船橋夏見での導入だったのだろうか?
「イニシア船橋夏見では『ホームデコレーションサービス』を提供しています。壁紙の色や素材を6つのテイストから選べるベーシックタイプと、ご要望に応じて個々に提案するプレミアムタイプがあり、いずれもインテリアコーディネ-ターがサポートします。こうしたテイストを知っていただくこと、カフェ風のマンションギャラリーをご覧いただいて来場への敷居を下げることなど、バーチャルが物件特性に合っていると思いました」(中路さん)

とはいえ、キットやアプリの制作に費用もかかるはず。費用をかけるメリットはあるのだろうか?
「この物件単体でコストのことは考えていません。中期的に考えると、多様な展開方法が考えられます。例えば、6つのテイストを提案する展示コーナーはモデルルーム内に用意していますが、モデルルームまるごとをテイストを変えて見せることは現実的にできません。バーチャルなツールを活用すれば、それを見ていただけるといった新しい可能性が広がると思います」(中路さん)

これまでマンションを販売する手法といえば、事前に公開する情報を絞り、詳しい情報を入手するためにモデルルームに来場してもらうというやり方が一般的だ。これに対して中路さんは、今後はバーチャルで見せたり、ゲーム感覚で体験させたりといった「センスのよい情報開示」が増えていくのではないかという。

たしかに、従来型のツールではできなかった、新しいモデルルームの見せ方や情報提供ができる時代になった。今後もこういったチャレンジが増えていくだろうと思われる。どんな風に変わっていくのか、注目していきたい。●取材協力
ハコマンションVR
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/06/04/91191/

【住まいに関する関連記事】
愛着もひとしお? 壁の一部を契約者が「施工」する分譲マンション
壁・床から畳の色まで選べる! 新築マンションでも自分好みに
マンションの共用施設に「女子会ルーム」、「囲炉裏部屋」って本当?
リビングに洗面台、腹筋棒…美容女子の声を活かしたモデルルーム見学記

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP