ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

幻の裏メニュー『天津チャーハン』を食す! @神奈川県相模原市『自由軒』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回は神奈川県相模原市の、通称「西門」と呼ばれる辺りにある『自由軒』の『天津チャーハン』を紹介してみます。

さして自慢出来るほどのモノもない相模原に、まさかの名店が暖簾分けで出店していたのです。

これは地元民としては、行かざるを得ない案件ではないでしょうか?

横浜福富町の名店『自由軒』の暖簾分け

『自由軒』と言う名の店は意外と多いのですが、やはり一番有名なのは大阪の洋食屋さん、カレーで有名な『自由軒』ではないでしょうか?

しかし、実は横浜にも『自由軒』の看板を掲げる名店があるのです。

横浜でもディープな中区長者町、その中でも「福富町」と呼ばれる所に夜だけ営業している中華料理屋さん『自由軒』があります。

そして、筆者も知らなかったのですが相模原にオープンした『自由軒』は、なんと横浜の『自由軒』の弟さんがやっているとの事!

それでも『自由軒』と言う名前の店が全国に多過ぎるので、筆者もずっと相模原の『自由軒』を兄弟店とは知らずにスルーしていました……。

しかし!

あの名店の暖簾分けとなれば話は別です。早速、時間を作って訪れてみました。

メニュー構成や値段も、ほぼ横浜と同じ!

そして、調べてみると横浜店も相模原店もメニューや値段は、ほぼ同じです。

作る人も兄弟なので、これはオリジナルに匹敵する『自由軒』が、突如相模原に現れたと言っても過言ではありません。

「まさに俺得!!!」

さらに『自由軒』マニアの為に補足を入れると、

「天津チャーハンがレギュラーになっている!」

みたいな、まさに全国の『自由軒』ファンが歓喜する点も強くアピールしたい所です。

まあ、どんだけ横浜の『自由軒』を知っている人が居るかは謎ですが、とりあえず裏メニューの

『天津チャーハン』

が相模原では、誰でも食べられる事は覚えておいて下さい。

幻の『天津チャーハン』を食す!

と、言う訳で『自由軒』的には『しいたけラーメン』もマストアイテムなのですが、ココはせっかくの相模原店なので

『天津チャーハン大盛り』

で行かせて頂きます。常連の裏メニューと呼ばれる『天津チャーハン』を、さらに大盛りで頂くと言う究極的に贅沢なオーダーです。

ちなみに『天津チャーハン』(800円)に、大盛りはプラス200円となります。

大盛りが大盛りだった件の是非

そして調子に乗って大盛りを頼んだ結果、この写真で御座います……普通の店のチャーハンの2倍くらいの量がありますね……。

ちなみに補足情報として、改めて忠告しておきますと

「自由軒は基本的にモリモリである!」

とだけ言っておきましょう。さして大盛りにしなくても、普通の人なら十分に満足出来るメニューばかりです。

しかし、なんとも大盛りが様になっている絵じゃないですかね?

侍のチョンマゲを彷彿させる、そそり立つレンゲの角度が誇らしいですね。

かなり深さのある皿で、横から見るとこんだけの高さがあります。

素晴らしいボリュームです。

ほぼ「デカ盛り」と名乗っても問題が無いレベルで、相模原市内でこのレベルのチャーハンを食べられるのは、相模大野の『新三陽』くらいでしょうか?

チャーハンには焼豚が大量に入っているぞ!

そして『天津チャーハン』には大量の焼豚、すなわち刻まれたチャーシューが具として入っています。

横浜の『自由軒』のチャーハンも焼豚がたくさん入るので、それを忠実に再現したと言う事ですね。

とりあえず筆者が食べた事のある、数々のチャーハンの中でも一番「肉」が多かったチャーハンとして記憶しておきましょう。

さすがに横浜の名店だけあって、このチャーハンの完成度は高いですね。

普段から相模原でも「美味しいチャーハン」を探している筆者ですが、今ココにひとつの答えを見出す事が出来ました。

餡かけとカニ玉のハーモニー

ベースとなる『自由軒』のチャーハンが美味しい事は分かりました。

それでは肝心の「カニ玉」の方はどうでしょうか?

ちなみに『天津チャーハン』の「天津」は言うまでもなく「天津飯」で御座います。

つまり「カニ玉」の「甘酢餡かけ」がチャーハンにONしたのが『天津チャーハン』と言う事です。

『自由軒』の「餡かけ」は酸味が弱く、じわっと来る甘さが特徴ですね。

横浜のディープゾーンにある店の味付けなので、もっと強めにガツン!と来るかと思っていたのですが、実に上品な柔らかい味付けです。

逆に、このくらいだと玉子の味が良く分かって美味しいですね。

さらに「山盛りチャーハン」を覆っている玉子も、限りなく半熟に仕上がっています。

大盛りにすると、途端に作るのが難しくなるはずですが、破れる事なく綺麗に覆っています。

まさに職人の技ですね。

そして蟹の代わりに「蟹カマ」が使われているのも、逆に町の中華屋さんっぽくて筆者は好きです。

餃子も美味しい『自由軒』

何気に「大盛りキツい」と言いながらも、ちゃっかり餃子(350円)もオーダーしておきました。

やはり横浜の『自由軒』も、ある程度は「酒を飲む前提の店」なので、ツマミ系もチェックする必要があったからです。

『自由軒』の餃子はニラがたっぷりで、白菜ベースの餃子と見ました。

流石に名店と呼ばれる『自由軒』の餃子と呼べる一品でしょう。この餃子はオススメです。

ちなみに『自由軒』マニアの為の補足情報として、相模原にも

「チャーシュー盛合せ」

があり、500円とリーズナブルなので、筆者も次回は食べてみようと思います。

『自由軒』と言えばキムチです

そして横浜の『自由軒』と言えば、キムチが美味しい事でも有名です。

今回は『天津チャーハン』を食べましたが、実は『キムチチャーハン』も人気メニューなのです。

さらにチャーハンと言えばスープが付き物。中華料理屋さんのチャーハンにはコレが無いと始まりませんね。

『天津チャーハン』 総評

あまり料理に関しては点数を付けたくない筆者ですが、この『自由軒』の『天津チャーハン』には満点を付けて良いと思いました。

マイナス要素が何ひとつ無いからです。

若干、チャーハンに対して「餡かけ」はどうなのか?と言う不安もありましたが、『自由軒』の餡は滑らかながらも濃度があるので、チャーハンの味を損なう事はありませんでした。

さらに片栗粉でトロミがついた餡と半熟のフワフワ玉子が、最後までチャーハンを覆うので、チャーハン自体が冷めにくくなると言うメリットもあります。

この美味しい『天津チャーハン』が大盛りでも千円で食べられるのですから、コストパフォーマンスも絶大です。

ちょっと情報不足な面が多すぎて、営業時間や定休日が正確には分からないのですが、これは相模原に住まう人々には是非とも訪れて欲しい店のひとつですね。

この店はきっかけさえあれば、いつでもブレイクするだけの実力店だと筆者は感じました。

是非、みなさんも幻の『天津チャーハン』を食べに来てみて下さい。

『自由軒』

住所:神奈川県相模原市中央区相模原5-11-3
営業時間:不明
定休日:謎

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP