ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NMB48史上初、“糸電話”でファンとコミュニケーション!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NMB48の上西恵、白間美瑠、三田麻央、薮下柊が、5月29日に 六本木ニコファーレにて行われた『タイムスリップNMB48~未来都市NAMBAからの脱出~inニコファーレ』に登壇した。

このイベントは、今年3月に行われたWEB版謎解きゲーム「タイムスリップNMB48~原始時代からの脱出~」で最終問題の正解者の中から抽選で約100名のユーザーが招待されたもの。会場全体に散りばめられたヒントを頼りに3つの謎を解くという謎解きゲームだ。

2148年にタイムスリップしてしまった上西恵、白間美瑠、薮下柊の3名を現代へ救い出すというストーリーで、三田麻央はメンバー救出をサポートするナビゲーター役として参加。ゲームを解き進めていく途中には3名からヒントを聞くことができる“糸電話”のエリアを設置。ファンとのコミュニケーションツールとして糸電話が使用されるのはNMB48史上初で、糸電話越しにささやかれる メンバーからのヒントに、「声が聞きにくいw」といったリアクションがありながらも、「がんばって!」などメンバーから かけられる予期せぬ声援に、握手会とは違うコミュニケーションに多くのイベント参加者が喜んでいた。

また、イベントの模様が配信されたニコニコ生放送では「糸電話できるなら有料でもいい」などのコメントも流れた。NMB48メンバーの「糸電話」の甲斐もあり、イベント参加者の80%が問題を解答。無事にイベントは終了した。

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
NMB48 オフィシャルHP
会社や学校サボって海に行きたくなる曲

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP