ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android MでRAMの管理画面が改善

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android M でアプリやシステムが消費する RAM の管理画面が Lollipop から改善されました。RAM の管理画面は、Lollipop では開発者向けオプションの「プロセス統計」として組み込まれており、表示内容が分かりにくかったので一般のユーザーにとっては使いづらいものでした。

Android 5.1のプロセス統計

それが Android M では「アプリ」→「詳細設定」→「メモリ」として実装され、ゲージで平均と最大を視覚的に確認できるようになったほか、アプリの個別ページでも実際の使用量やアプリが備える各種サービスの実行頻度も言葉で表現されるようになるなど、以前に比べれば使いやすいものになりました。Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
Android Mではロック画面から音声検索を実行可能
ソフトバンク、Xperia Z3のソフトウェアアップデートを開始
三菱、Android Auto対応の新型パジェロやAndroidベースの車載装置「FLEXConnect IVI」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP