ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

椎名林檎 出演TVCM本日から放送開始 向井秀徳(ZAZEN BOYS)参加の新曲とOA

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 椎名林檎がCMキャラクターを務める、LGエレクトロニクスとの共同開発によるauスマートフォンの夏モデル『isai vivid(イサイビビッド)』のテレビCMが、5月29日より順次全国にて放映開始される。

 本CMでは、2014年冬モデルとして発売された『isai VL』に続き椎名林檎を起用。“天地創造”をイメージした衣装を身に纏った椎名林檎を、「isai vivid」の高性能カメラ、高精細ディスプレイが映し出す様子を描いている。この新CMに載せてオンエアされる楽曲は、椎名林檎の新曲「神様、仏様」で、椎名作品では初の共演となる盟友・向井秀徳(ZAZEN BOYS)が参加。さらにナレーションにも向井を起用し、同CMに鮮烈なインパクトを与えています。

◎CMストーリー
 CMの舞台は、時が止まった薄暗い空間。そこに立っているのは、“天地創造”をイメージし、生花を使った色鮮やかな衣装を身に着けた椎名林檎。彼女の周りを取り囲むのは、無数の「isai vivid」。目の前の暗闇とはうって変わり、それぞれのディスプレイが映し出すのは、ビビッドな色に溢れる椎名さんの身体のパーツ。カメラが正面に回り込み、辺りが明るくなると、「isai vivid」のディスプレイの映像と違わぬ、色彩に満ちた絢爛な装いの椎名さんの姿が現れます。
「この鮮やかさに、あなたは驚く」のナレーションに続いて提示される、「一眼レフが、嫉妬する」のメッセージ。「isai vivid」の高性能カメラと高精細ディスプレイは、薄暗い空間の中でも、椎名さんの本来の色を克明に映し出していたのです。CMは最後、椎名林檎の「ジェラシー」という囁きによって締めくくられます。

◎撮影エピソード
 isai VLに続いてのご出演となった椎名林檎。今回のビジュアルのお題は、“天地創造”。色とりどりの「生花」が施された衣装は、かつてないほど重かったそう。 さらに、鮮度を損なわぬよう、合間合間で水を差しながらの撮影となりました。また、カメラのスピードや動きと、椎名林檎の目を開けるタイミングをぴたりと合わせるため、何度も何度も同じ動きをトライさせていただきました。ナレーションに起用されたのは、楽曲内でもラップを担当しているZAZEN BOYSの向井秀徳。独特の抑揚が利いた向井秀徳の力強い声にも、ぜひ耳を傾けてみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

椎名林檎がZAZEN BOYS 向井秀徳とCM&新曲でコラボ
椎名林檎『逆輸入 ~港湾局~』が<ミュージック・ジャケット大賞2015>受賞 5/24にはデザイナー木村豊のトークショーも
椎名林檎×杉浦日向子、映画『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』主題歌決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP