ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

板野友美「私は男性からの方がいい」プロポーズの言葉コンテスト2015受賞記者発表会

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


NPO法人地域活性化支援センターが主催する、第9回恋人の聖地『プロポーズの言葉コンテスト2015』受賞記者発表会が東京都港区の青山セントグレース大聖堂で開催されたので取材した。

審査員のに歌手の板野友美さん、デザイナーの桂由美さん、華道家の假屋崎省吾さんが出席、多くの取材陣が駆け付けた。

また、板野さんはモデルの大石参月さんとともに、「恋人の聖地親善大使」にも任命された。

同センターでは少子化対策への貢献という目的でプロポーズの言葉コンテストを毎年開催している。

最優秀賞に選ばれたのは大阪の会社員、山本千晶さん。「いまは不良債権だけど、そのうち当たりの宝くじになるかもしれんけん……。もらって!」だった。

「エリートサラリーマンの彼と、しがないOLの私。いつもダメ出しを食らってばかりだけど、ライターになりたいという私の夢を応援してくれるのも彼だけなのです。いつか彼を見返して、ゴージャスなディナーに連れて行ってあげたい…。投資してもらうなら、彼しかありえません!!」というエピソードを発表した。想定するプロポーズの場所は「会社からの帰り道」とのこと。

中でも、この発表を本当のプロポーズの場とした、大阪の堀江弥梨唯(ほりえみりい)さん(21)は「これからもずっと、叱ってくれますか?」と、もっと感情をこめて!とまわりに励まされながら、舞台上で26歳の彼にプロポーズ。

プロポーズした方は「とても緊張しました。でも、伝えられた良かった。」とニッコリ。
伝えられた方は「とても幸せでした。」とこちらも本当に幸せそう。
1年くらいのお付き合いで、来年の3月に挙式予定とのこと。新婚旅行は?と聞くと何やら二人で相談していた。

板野さんの囲み取材では予想通り、理想のプロポーズについての質問が相次いだ。

まず感想を聞かれると、「皆さんのすてきな言葉を聞いて、幸せな気持ちになりました。これからもみなさんの恋の応援ができたらと思います。」と語った。

理想のプロポーズについて聞かれると、「ちょっとひねったプロポースがかわいらしい。でも、最終的には何でもいいです。」と。

また、自身からプロポースをするタイプかどうかの質問については、「私は男性からの方がいい。」と。

最後に、どこでプロポーズをしてほしいかという質問には、神奈川県出身なので「みなとみらいの夜景が見えるところをバックに。」と、ロマンチックな一面も。

どうしてもこれだけは聞いておきたい報道陣は、来月6日に開票イベントを控える「AKB48選抜総選挙」についてもコメントを求めた。
「みんな頑張ってほしいし、応援している」と答えてくれたが、予想順位については、「それは…みんな頑張ってほしい」明言を避けた。

また、モデルの大石参月さんは、デザイナーの桂由美さんデザインのウェディングドレスで参加した。

同センターによると、3116点の応募があり、傾向として「景気の回復を反映して、男性が自信を取り戻しつつあるのでしょうか?今年は若い男性から女性へのプロポーズの言葉の応募が増えてきているようです。」とのことだった。
記者も自信があるわけではないし、若くもないがプロポーズをする女性と出会わねばとついつい思ってしまうほど、会場の幸せいっぱいの雰囲気を肌で感じる発表会であった。

※写真はすべて記者もしくは同行カメラマン小野寺稔昭撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 古川 智規) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP