ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46白石麻衣 ノーバン投球成功 ヤクルトのライアン小川投手直々指導

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月26日 神宮球場で行われた【日本生命セ・パ交流戦】東京ヤクルトスワローズ vs.北海道日本ハムファイターズの試合で、乃木坂46の白石麻衣が始球式を行った。

乃木坂46白石麻衣 キュートな投球写真一覧

 白石麻衣が始球式を行うのは、2013年の7月と9月以来、3度目となり「悲願のノーバン始球式なるか!?」と周囲の期待も高まっており、本人も「乃木坂46メンバー代表として、しっかりとキャッチャーのミットめがけて投げたいです! ソフトボール部出身と過去2度の始球式経験を生かして、次こそはストライクをめざして頑張ります! 3度目の正直ですね!」と熱い意気込みを語っていた。

 そして、彼女は交流戦新キャラクター セパコちゃんに扮した可愛い衣装で、悲願のノーバン投球へ向けて全ての準備を整え、ついに始球式へ。神宮球場に詰めかけたファンや観客が見つめる中、セパコちゃんと共にマウンドへ向かい表情も少し緊張気味の様子だったが、意を決して投げたボールは、右にそれたものの見事ノーバンでキャッチャーミットの中へ。悲願のノーバン投球成功にマウンド上で何度もジャンプしながら喜ぶ姿に、神宮球場からも「お~!」と歓声が起こっていた。

 始球式後、感想を聞かれると「今回の始球式(3回目)が一番緊張したけど、一番納得いく内容でした!」と自信満々の様子。自己採点については、「80点……ボールだったから! 」とキュートな笑顔でコメントした。また、「忙しかったので練習がなかなかできなかったですが、(始球式前の)キャッチボールの際に(東京ヤクルトスワローズ)ライアン小川投手からボールの握り方や足のあげ方を教えてもらいました!」と直々に指導を受けたことを明かした。

 2020年の東京オリンピックで野球・ソフトボールのPR誘致を務める白石麻衣は、「東京オリンピックで野球・ソフトボールがみたいので皆様で応援してくれたら嬉しいです!」とコメント。過去2度の始球式では涙を見せていたが、ついに達成したノーバンでの投球成功にこの日は笑顔の連続だった。
———————————–

関連記事リンク(外部サイト)

サイプレス上野とロベルト吉野のアイドルライブ本 乃木坂46/Negicco/BiS/夢アド/TPDら収録 テンテンコらのインタビューも
乃木坂46 松村&中田MC番組『生のアイドルが好き』にアリスインアリス/ラブアンドロイド/THE ポッシボー出演決定
乃木坂46全国握手会でサプライズ連発、12thシングル&2周年横アリ映像作品リリース、そして真夏の全国ツアー開催が決定に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP