ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

スペースシャトルについて質問した少年、NASAからの手紙に「有頂天」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
overthemoon.jpg

 「宇宙」という空間は未知で、それゆえ夢がある。子どもの頃に星空を見上げて、「この果てしない空間にはいったいなにが隠されているのだろう?」と興奮した記憶は誰にでもあるのではないだろうか。そんな宇宙空間への「わくわく」は全世界共通のようで、英国にも1人、宇宙に魅せられた10歳の少年がいた。小学校の課題で「スペースシャトル」について調べることにした彼は、資料を求めて、なんとNASAに手紙を出した。さらに驚くべきは、それにきちんと返信がきた、ということである。なんとも夢に溢れたエピソードではないか。

 イギリスのデイリーメール紙ザ・サン紙の報道によると、10歳のクリストファー・アラン少年は、小学校の課題である2分間のスピーチのために「スペースシャトル」について調べることにした。 NASA のディスカバリー計画とコロンビア事故に興味をそそられたからだという。しかし、インターネットや百科事典では、充分な情報は得られなかった。そこで彼はひらめいた――NASAに訊けばいいじゃないか。

「NASAの住所を調べるのに2時間かかったけどね、彼らなら手伝ってくれるってわかってたんだ。だって、彼らより知ってる人なんていないじゃないか。僕の両親や、先生とかより物知りなんだからさ」とクリストファー少年は言う。そして彼は11月上旬に手紙を出し、1月のはじめにNASAからの返信を手にした。中にはNASAからの手紙、ディスカバリー号船の写真と宇宙飛行士のサイン入りの写真、そして彼が必要とした情報がすべて入っていた。

 手紙を受け取った彼は、文字通り「有頂天になった」という。「最高なのが、手紙にはね、『親愛なるクリストファー、考えてみてほしい、あと何年かで君も次の開拓者たちの1人になって、僕らの地球をよりよく知ること、そしてさらなる宇宙探索を、手助けできるようになるかもしれないんだよ』って書かれてたこと。もう僕、すごく宇宙飛行士になりたいし、なれると思うんだ」と彼は話している。

 NASAからの手紙と写真に、クラスメイトからは嫉妬と羨望の視線を向けられたそうだが、無理もない。NASAの粋なはからいに、クリストファー少年の宇宙への興味はますます高まったようである。彼はこれからも、果てしない空間を目指して進み続けるだろう。彼の壮大な目標がかなうことを、同じ「宇宙の下」から応援したい。

<NASAからの手紙を載せた英メディア>
‘Over the moon’: Schoolboy, 10, gets help with space project from astronauts after writing letter to Nasa – Mail Online

(古川仁美)

【関連記事】
29歳なのに「孫」ができる!? 英国民を驚かせた無職男性
「男のフリ」して、女性と「性的な関係」続けた女性
教師の「拳銃携帯」許可する法案 米ネブラスカ州議会に提出

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。