ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダース・ベイダーとの激戦を自宅で! 『スター・ウォーズ』のアーケードゲームを個人向けに販売へ 価格は456万円から

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


待望のシリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日全国公開)の封切りに向けて連日のように関連情報が過熱する中、またまた色んな意味でビッグなニュースが飛び込んできました。

バンダイナムコエンターテインメントは、アーケード用ドームスクリーン型シューティングゲーム『スター・ウォーズ:バトル ポッド』の個人向け販売を開始することを発表。日本でも4月から順次稼働をスタートしている人気のゲームが、自宅で独り占めできちゃうのです! なお、アーケード用ゲーム機の個人向け販売を行うのは同社初の試みとのこと。


『スター・ウォーズ:バトル ポッド』は、映画に登場する乗物のパイロットになった気分が味わえる、アトラクションタイプのシューティングゲーム。全身が映像に包まれるドームスクリーンにより、視界全体が宇宙空間に。爆発や破壊の衝撃を感じる体感ギミックも多数搭載しており、『スター・ウォーズ』の世界に入り込んだような臨場感や浮遊感を全身で体験することができます。ゲームには“ヤヴィンの戦い(エピソード4)”、“ホスの戦い(エピソード5)”など劇中の激戦を再現した5つのステージを収録。今後、ステージ追加のアップデートも予定しているとのことです。

そして気になる販売価格は、送料・設置費用・保守費用込みで456万円(税込み)なり! お、おう……まぁ、そのくらいは妥当ですよね。自宅で遊び尽くしたい人向けというよりは、コレクターズアイテムとして考えるのが良いかもしれません。バンダイの公式ショッピングサイト『プレミアムバンダイ』を通じて販売し、6月18日(木)より受注開始、7月頃より順次お届けとなる予定です。


また、7月以降には超豪華仕様となる『スター・ウォーズ:バトルポッド/プレミアム・エディション』の発売も決定。“反乱軍”と“ダース・ベイダー”をモチーフにデザインした2バージョンを展開します。本革張りの電動可動シートを搭載し、オーナーネーム&シリアルナンバーの刻印プレートや、特別装丁版オーナーズ・マニュアル、専用カーペットが付属するほか、ゲーム内映像にオーナーネーム入りクレジットロールを実装。こちらの販売価格は驚きの1200万円(税込み)。これを自宅に置ける人は『スター・ウォーズ』マニアの鑑ですなぁ。

冷蔵庫どころのサイズ感じゃないので、家族にしっかりと相談してから購入を検討しましょうね。

<製品概要>
寸法:横幅 1880mm × 奥行 1700mm × 高さ 2400mm
重量:375kg
プレー人数:1人

アーケード「スター・ウォーズ:バトル ポッド」ゲーム紹介トレイラー第2弾(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=G9Z2Zux3rMk

『プレミアムバンダイ』製品紹介ページ:
http://p-bandai.jp/chara/c2289/starwarsbattlepod/

STAR WARS (c) & TM 2014 Lucasfilm Ltd. All rights reserved.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP