ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

間もなく来日するロバート・グラスパーから最新映像が到着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ロバート・グラスパーが、原点ともいうべきアコースティック・ピアノ・トリオに回帰して制作した最新作『カヴァード』から、ジェネイ・アイコのカヴァー「ザ・ワースト」の映像を公開した。

 2012年の『ブラック・レディオ』で第55回グラミー賞ベストR&Bアルバムを受賞し、続く2013年の『ブラック・レディオ 2』では収録曲「神の子供たち」が57回グラミー賞ベスト・トラディショナルR&Bパフォーマンスを受賞するなど、ジャズにR&Bやヒップホップの要素を取り入れ最先端のブラック・ミュージックを発信しているピアニスト=ロバート・グラスパー。

 本作『カヴァード』では、より多くの人にジャズの魅力を広めたいという思いから、ポップスやR&Bなど幅広いジャンルの楽曲のカヴァーを披露しており、そのレコーディングも今までフランク・シナトラやビースティ・ボーイズなどさまざまアーティストの名作を数多く生み出したロサンゼルスのキャピトル・スタジオ:Aスタジオでキャリア初のライヴ録音に挑戦するなど意欲的な作品となっている。

 グラスパーは「カヴァー・ソングをやるってことに加えて、俺は常にライヴ・アルバムを作りたいと思っていたんだ。そして今回、初めてライヴ・レコーディングをしてみた。何年も前に、俺のライヴ演奏がリリースされたことがあったけど、それは俺のアイディアではなかった。でも、今回のライヴ・レコーディングは俺のアイディアだ。そして俺は、クールで一味違ったものを作りたかったのさ。レコーディングにあたっては、スタジオに人々を招いて、ソファを置き、バーまで作って、スタジオをジャズ・クラブみたいな雰囲気にしたんだ。だいたい、ライヴ・アルバムのレコーディングって、音があまり良くないだろ? だから、スタジオでライヴ・アルバムを作ろうって思ったのさ。そうすれば良い音になるからね」とコメント。

 今回解禁された「The Worst」のビデオは、レコーディング当日の風景を撮影したもので、グラスパーがこだわった“ジャズ・クラブみたいな雰囲気”が堪能できる作品となっている。アルバム・リリースに先駆け、日本では5月26日からビルボードライブ大阪と東京で自身のバンドで公演を行い、6月8日には指揮者西本智美率いるオーケストラとの公演を東京芸術劇場で行う。

◎「ザ・ワースト」YouTube映像
https://youtu.be/3xjpsuJhMBU 

◎リリース情報
ロバート・グラスパー『カヴァード』
2015/6/10 RELEASE UCCQ-1042 2,484円(tax in.)

◎公演概要【ロバート・グラスパー・エクスペリメント】
ビルボードライブ大阪 5月26日(火)~28日(木)
ビルボードライブ東京 6月2日(火)~5日(金) 

【西本智実×ロバート・グラスパー シンフォニック・コンサート】
日程:6月8日(月)
会場:東京芸術劇場

関連記事リンク(外部サイト)

【Special】グラスパーは、なぜそこまで評価されるのだろうか?~今世紀ジャズ・シーンにおける最重要ピアニストの魅力に迫る
ロバート・グラスパー 最新ALからレディオヘッドカヴァー曲の音源を公開
【Special】ピート・ロック X ロバート・グラスパースペシャル対談

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP