ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

#BBMAs 振り返り、テイラー「バッド・ブラッド」MV公開、リンダー兄弟、ケミカル兄弟など今後の注目公演&新譜:今週の洋楽まとめニュース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週の洋楽ニュースは、2013年に続き、またしてもテイラー・スウィフトの無双状態となった【2015 ビルボード・ミュージック・アワード(BBMAs)】の話題から。テイラーは<トップ・アーティスト賞>、<トップ・ビルボード200・アルバム>など主要部門を含む自己最多タイの8部門を受賞。またもや両手いっぱいにトロフィーを持った彼女の写真がメディアを賑わす結果となった。その他、それぞれ今年の顔と言えるサム・スミス、メーガン・トレイナーというシンガー2名が複数タイトルを受賞。また、先日メンバーが脱退したばかりのワン・ダイレクションも<トップ・ツアー・アーティスト賞>等2部門を獲得し、壇上で脱退したメンバー、ゼイン・マリクへの感謝を述べた。

#BBMAs <トップ・アーティスト賞>はテイラー・スウィフト 自身最多タイの8部門を受賞
#BBMAs <TOP BILLBOARD 200 ALBUM>はテイラー・スウィフト『1989』が受賞
#BBMAs <トップ・ホット・100・ソング賞>はメーガン・トレイナー「オール・アバウト・ザ・ベース」に 2冠を達成
サム・スミス 声帯の手術が成功、【Billboard Music Awards】で3部門受賞&感動の“受賞スピーチ”も
#BBMAs <トップ・ツアー・アーティスト賞>をワン・ダイレクションが受賞 壇上でゼインに感謝を述べる

 テイラーは今週、そのBBMAsで世界初プレミア公開した「バッド・ブラッド feat. ケンドリック・ラマー」のMVをYoutube上でも公開。さらに同曲の配信もスタートしている。

テイラー・スウィフトが「バッド・ブラッド feat. ケンドリック・ラマー」配信開始 豪華過ぎる友人スターと共演したMVもYoutubeに公開

 今週発売された新作ではダーティ・ループスのメンバーによるサイド・プロジェクト、リンダー・ブラザーズのデビューアルバムが話題。近年のAOR/フュージョン・ブームをユニークな形で牽引するダーティ・ループスの主要メンバーによる、“よりフュージョン寄り”のプロジェクトとして、今後の来日公演も決まっている。

ダーティ・ループスのベーシスト=ヘンリック擁する兄弟プロジェクト=リンダー・ブラザーズ、いよいよ1stアルバム発売

 今後リリースの新作の話題では、今年の【サマーソニック】にヘッドライナーとして出演することの決まっているケミカル・ブラザーズが5年ぶりの新作『ボーン・イン・ザ・エコーズ』を7月にリリース。さらに、あのクイーンのヴォーカルとして2014年の【サマーソニック】に出演したアダム・ランバートが、ワーナー移籍後初のアルバムをリリースすることを発表し、こちらも話題になっている。

ケミカル・ブラザーズ、5年ぶりの新ALは7月17日リリース
アダム・ランバートがワーナー移籍第1弾アルバムを7/1リリース、ブライアン・メイも参加

 最後は今週の米ビルボード・チャート。ウィズ・カリファによる『ワイスピ』主題歌は今週もシングルチャートの首位を獲得、遂に6週目の首位となった。一方、アルバムチャートは映画も絶好調の大ヒット青春コメディー『ピッチ・パーフェクト2』サントラ盤がチャートを制した。映画のヒット次第では、同作からのシングル曲が今後大きくシングルチャートでも浮上する可能性もある注目タイトルだ。

ウィズ・カリファ 米ビルボード・シングル・チャート6週目のNo.1に!テイラーのニューSGは何位に初登場?
大ヒット青春コメディー『ピッチ・パーフェクト2』のサントラが米ビルボード・アルバム・チャート堂々の1位に

その他注目の洋楽ニュース
故・B.B.キングの再生数が9,800%急増、Spotifyが発表
ベースメント・ ジャックス、チームしゃちほことのコラボ楽曲が配信開始&東京公演のライブ映像も解禁に
マドンナが“レベル・ハート・ツアー”最初の5公演を延期
お蔵入りだったケンドリック・ラマー×レディー・ガガのコラボ曲が流出
マリーナ・アブラモヴィッチ協会がジェイ・Zとマリーナ本人に謝罪

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP