ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【感動】絶賛されながら放送中止の伝説的カップヌードルCM / 海外でも大絶賛

DATE:
  • ガジェット通信を≫

視聴者から絶賛されながらも、あらゆる事情で放送中止になってしまったCMがいくつかある。なかでも高評価されているのが、日清『カップヌードル』のCMだ。

・少年兵という厳しい現実
生まれたときから、そこは戦地だった。戦力として戦わざるを得ない少年兵(と思われる男子)。フェンスを越えてみると、そこには美しい海があった。ついてきた女児と一緒にカップヌードルを食べる少年。そこには、少年兵という厳しい現実のなか空腹を満たす少年の笑顔があった。

・視聴者の一部からクレームか
このCMが放送中止になった理由は公式情報として出ていないが、視聴者の一部から「戦争や少年兵を認めるような内容」「子どもに銃なんて不謹慎すぎる」などのクレームが寄せられたのが理由といわれている。

・日清が高評価されたCM
このCMにはあらゆるテーマが盛り込まれているといわれており、放送が取りやめられながらも、日清の企業理念に対する評価が著しく高まったCMといわれている。いま現在も、世界に数十万人の少年兵がいる事実を、日本に広める大きなきっかけともなった。以下は、このCMを見た視聴者の感想である。

・視聴者からの感想コメント
「賞あげてもいいぐらいだよね」
「こういう現実から目を背けてはならないはずだ」
「美化されてますが、このCMが見せてくれる側面もあるように思います」
「目の前にきれいな海が広がっているのに、子供が銃を持たされ、そして見張りをさせられてる」
「一部のわからず屋のために、良いものが潰されるのは実に悲しい」
「これが放送出来なくなったのは、制作者の意図が理解できないアホが多いからだろ。現実はもっと悲惨」

・僕たちは何ができるのだろう
このCMの最後に日清は「世界には、30万人以上の少年兵が存在している。僕たちは何ができるのだろう」というメッセージを表示している。皆さんは、このCMをどのように思うだろうか?


https://youtu.be/q9ejORf-V5M

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/05/24/cupnoodle-cm/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP