ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤岡みなみ〈第4回パンダ音楽祭〉を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年5月17日(日)に上野恩賜公園・野外ステージ(水上音楽堂)で開催され、今年も大盛況のうちに幕を閉じた〈第4回パンダ音楽祭〉。司会を務め、オープニングではチャラン・ポ・ランタンと共に「パンダ音楽祭のテーマ」を歌った藤岡みなみに、終演直後に毎年恒例のインタビューをおこなった。

―〈第4回パンダ音楽祭〉お疲れさまでした! 今年はいかがでしたか?

藤岡みなみ(以下・みなみ):お疲れさまでした! 奇妙(礼太郎)さんがステージに出てすぐに曲の途中で“お久しぶりです!”ってお客さんに言ってたじゃないですか? それを聞いて「おぉっ確かに!」って思って。お客さんも普段から今日出ているアーティストさんのライヴに行っていたりしていると思うし、アーティストさん同士も別の場所で会っていると思うんだけど、〈パンダ音楽祭〉で会うことで、去年から今年まで1年が経って「また会えたね」っていう感じがするんですよね。だからすごく共感しました。それと今回はチャラン・ポ・ランタンと一緒に「パンダ音楽祭のテーマ」を歌ったり、4年目にしてパンダ音楽祭ファミリー感が増してきたというか。でも初登場の人とか初めて来たお客さんも、パンダ音楽祭ファミリーなんですよね。そこがやっぱりパンダ音楽祭の魔法(笑)。

―今年はいつものメンバーにプラスして初参加のアーティストの方も多くて、より一層個性的なイベントだった気がします。

みなみ:そうですね、いつも色んなジャンルがあるけど、今年はおみそはん(DJみそしるとMCごはん)が〈パンダ音楽祭〉に料理を持ちこむという(笑)。音楽の中のジャンルではなくてもっと大きなジャンルを持ってきたというのがあって。毎年そう思うけど、基本弾き語りでバンドが1組も出ていないフェスだということをもはや忘れてしまったような気がするんですよね。去年までは、「ギター1本でここまで魅せられる人ってすごいな」みたいな感想もあったんですけど、今やそれすらも意識してなくて「そういえばバンドが1つもなくてこの迫力だったんだな」って。今年は特にそう思いましたね。

―初出演の女性シンガー・ソングライター、Reiさんの歌とギターも迫力がすごかったですよね。

みなみ:Reiさんはすごかったですよね~! 今日はベテランの方もいる中で、カッコ良さで言ったらダントツにReiさんがカッコ良かったですからね。〈パンダ音楽祭〉ってピースフルな雰囲気が一貫してありますけど、場を楽しむだけじゃなくて、音楽が好きな人が集まっていると思うんです。その音楽好きな人たちが心を揺さぶられるようなブルースの良い波がバ~って最初に来て、ちょっと引き締まったというか。ゆるく楽しもうと思ってた人たちも血が踊っちゃうみたいな、空気が変わりましたよね。

―蜜のお2人、AMEMIYAさんも含めてインパクトのある出演者の方ばかりでしたけど、それが最後に今年も曽我部(恵一)さんの超エモいステージに集約されました。

みなみ:集約して行ってますよね。曽我部さんがギターの弦を切るまでが、〈パンダ音楽祭〉です(笑)!。ストーリーがあって、最後にあそこに向かって行くんだっていうのがわかっていて、みんなで登って行く感じがありましたよね。

―最後は多くのお客さんが席を離れて池の前に集まるという光景もお馴染みになりましたね。

みなみ:去年より池の前に座り込んでいる人が多かったんじゃないですかね? 今までは子供だけとか本当に最後の最後にワーって来る感じでしたけど、今年は早い時間からそこも席みたいになっていましたし(笑)。

―リピーターのお客さんも多いでしょうね。

みなみ:多いと思います。チケットが売り切れるのも早いですもんね。だから4回目で〈パンダ音楽祭〉が文化になってきているというのは感じますね。外で音を聴きに来た人もけっこういたみたいだし、大人気ですよね。だから今の規模ではやれないくらいの人気と実力のあるお祭りだけど、やっぱりこの場所でやりたいと思っちゃいますよね。東京は毎日色んな場所で何百とライヴがおこなわれてますけど、その場所でやったからこうなったっていうライヴばかりではないと思うんですよね。〈パンダ音楽祭〉は上野恩賜公園水上音楽堂でやったということがめちゃくちゃ反映されているイベントですもんね。今回は“終わった後は上野で飲もう”っていう地域とのコラボもあって、よりお祭りって感じがしますよね。

―みなみさん自身の音楽活動も「藤岡みなみ&ザ・モローンズ」として3月18日に1stミニ・アルバム『はじき』をリリースしました。今後はワンマン・ライヴ等も予定されていますが、〈パンダ音楽祭〉から受ける影響もあるんじゃないですか?

みなみ:ありますね。毎年想う〈パンダ音楽祭〉の“ゆるエモさ”、ゆるさの中に熱さがある、熱さの中にゆるさがあるというのを私も目指して行きたいです!

取材・文:岡本貴之
撮影:勝永裕介(twitter.com/yuusuke_DdL)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP