ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OPPO、スリムデザインの新モデル「OPPO R7」と「OPPO R7 Plus」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー OPPO がスリムデザインのスマートフォンシリーズ「OPOP R」の新モデルとなる「OPPO R7」とその大画面モデル「OPPO R7 Plus」を中国で本日行ったプレスカンファレンスで正式に発表しました。OPPO R7 は、厚さ 6.3mm のスリムなボディに、5.0 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの有機 EL ディスプレイ(輝度は 300nits)や MediaTek MT6752 1.7GHz / Snapdragon 615 1.5GHz オクタコアプロセッサ、3GB RAM などを搭載したミッドレンジクラスのスマートフォン。OPPO R7 Plus は OPPO R7 から画面サイズを 6 インチに拡大し、ROM 容量を 32GB に増やしたほか、指紋リーダーを追加するなど、少しだけスペックを強化しています。また、OPPO R7 Plus の中国移動版は MT6795 2.0GHz オクタコアプロセッサを搭載しており、Snapdragon 615(1.5GHz 版)を搭載したキャリア共通モデルも発売されます。どちらも、薄型・狭額縁設計を採用しており、カバーガラスのエッジ部分を折り曲げた “2.5D” ディスプレイを特徴としています。また、搭載ファームウェアは Color OS 2.1 なのですが、OPPO R7 は Android 4.4 ベース、OPPO R7 Plus は Android 5.0 ベースです。このほか、背面に 1,300 万画素(RGBW センサーや F/2.2 レンズ)、前面に 800 万画素カメラ、2,200 / 4,100 mAh バッテリー(VOOC 対応)を搭載しており、GSM / WCDMA / TD-SCDMA / CDMA2000 / TD-LTE / FDD-LTE(モデルによって対応が異なる)に対応しています。OPPO R7 / R7 Plus は現地で 5 月 21 日に発売されます。価格は、OPPO R7 が2,499 元、OPPO R7 Plus が2,999 元です。Source : OPPO


(juggly.cn)記事関連リンク
ヤフー、Yahoo! Japanスマートフォンサイトの新デザインを正式リリース、Androidアプリもリニューアル
楽天モバイルがツインカメラを備えた「Honor 6 Plus」の独占販売を発表
Sony Mobile、ソフトバンク版「Xperia Z4」のプロモーション動画を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP