ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

星空観察を楽しもう!手持ちタイプの拡大鏡デバイスがスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏にかけて、星空観察を楽しみにしている人もいるだろう。

そんな人におすすめなのが、「Orion Stargazing Companion」というデバイス。携帯できる手持ち拡大鏡で、簡単に星座を見つけることができる。

・位置情報に基づき星座の位置を割り出す

「Orion Stargazing Companion」は、Institut Superieur de Designに所属するAudrey Yrieix氏が企画デザインしたもので、位置情報技術を用いて、星座の位置を正確に割り出すという。

・夜空に向けて掲げるだけ

ユーザーは手に持ったデバイスを、星が瞬く夜空に向けて掲げる。

すると、デバイスの透明なスクリーン越しに夜空が透けて見え、ディスプレイには星の名前、線で結ばれた星座の連なりと形状が表示される。

デバイスを顔に向かって近づけたり遠ざけたりする仕草で、ズームイン、アウトの操作ができる。今閲覧している情報をクリアしたいときには、デバイスを一振りするだけでよい。

・プロジェクターで天井がたちまち星空に!

さて、屋外での星空観察が終わって屋内に戻ったら、これで終わり……ではない。

実は、このデバイスの背面にはミニプロジェクターが搭載されている。オンにすると、星空が投影される。つまり、天井を夜空の代わりにして、屋内にいながら星空を楽しめるというわけだ。

とてもシンプルな操作で取り扱え、大人も子どもも楽しめる「Orion Stargazing Companion」。星空に囲まれて、安らかな眠りに落ちていけそうだ。

Orion Stargazing Companion

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP