ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カンヌが“マッド”に染まる! 『マッドマックス』プレミアにトム・ハーディやシャーリーズ・セロンらが豪華集結

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


現地時間の5月13日に開幕した『第68回カンヌ国際映画祭』。2日目には、特別招待作品として『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が上映を迎え、フォトコールとレッドカーペットに豪華出演陣が集結しました。


ジョージ・ミラー監督と共にフォトコールに登場したのは、新生マックスを演じたトム・ハーディ、女戦士フュリオサ役で衝撃的なスキンヘッド姿を披露したシャーリーズ・セロン、さらに今までのイメージを一新する白塗りの男ニュークスを演じたニコラス・ホルトの4人。


トム・ハーディはスキンヘッドにヒゲを蓄え、さらに凛々しさを増した素顔を披露。


シャーリーズ・セロンは、劇中のマックスをイメージするかのようなヴァレンティノの黒革ドレスで登場しました。



さらにメイン会場となるバレで行われたレッドカーペットには、フォトコールに参加した4人に加え、恐怖と暴力で民衆を支配する独裁者イモータン・ジョーを演じたヒュー・キース・バーンが登場。そして、ジョーに捕らわれた美女軍団“ワイブス”から、トースト役のゾーイ・クラヴィッツ、フラジールを演じたコートニー・イートンの姿も。


凶悪すぎるビジュアルで、公開前からチビッ子たちが夢でうなされたであろうイモータン・ジョーですが、中身は気の良さそうなオッチャンで非常に安心しました。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、米批評サイト『Rotten Tomatoes』で99パーセントという圧倒的な評論家の支持率と、98パーセントという超絶的な観客の期待度を引っさげて5月15日から全米公開。日本では6月20日(土)に公開を控えており、異常なまでの興奮を巻き起こすノンストップ・カーバトルの幕開けに、期待の声がますます高まっていくことでしょう。

ガジェット通信『マッドマックス 怒りのデス・ロード』特集ページ:
http://getnews.jp/madmaxfuryroad

(c) Kazuko Wakayama
(c) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP