体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

在日ファンク、SOIL&“PIMP”SESSIONS ~JBに捧げたバンド初のカバーセッション「Super Bad」~LIVE映像を特別公開!

JBsession

あらゆるジャンルのミュージシャンからリスペクトされ、そのパワフルなパフォーマンスはマイケル・ジャクソン、プリンス、そしてブルーノ・マーズ、ファレル・ウィリアムスら現代の若手アーティストにも、今なお多大な影響を与え続ける伝説のアーティスト、ジェームス・ブラウン。

そのJB初の伝記映画として注目を浴びている『ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜』が5月30日より日本公開。先月4月27日には、公開を記念したトリビュート・ライブが渋谷にて行われた。
トリビュート・ライブを彩ったのはJBを愛してやまない、在日ファンク、SOIL&“PIMP”SESSIONS。ジェームス・ブラウンの代表曲でもある「Super Bad」のカバーセッションを披露した。そのセッションの模様を、『ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜』公式サイト(http://jamesbrown-movie.jp/)およびYouTubeにてノーカットで公開中。

在日ファンクのメンバーとSOIL & “PIMP” SESSIONSから社長(アジテーター)、ダブソンビ(トランペット)、元春(サックス)の3人により行われたカバーセッションでは、JBへのリスペクトとムーヴメントがMIXされた「Super Bad」を披露。在日ファンクの浜野謙太と社長はシャウトを繰り出しつつ、マイクの奪い合いやコラボしたダンス、各プレーヤーはJBに捧げるソロ回しを披露し、最高潮の盛り上がりをみせた。

JBTOP


ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーが贈る、
音楽の歴史を変えた男の栄光と挫折、そして知られざる友情を描いた真実の物語
「ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜」

【STORY】
貧しい南部の家に生まれ育ち、両親に捨てられたジェームス・ブラウン(チャドウィック・ボーズマン)は叔母ハニー(オクタヴィア・スペンサー)に引き取られる。孤独な少年時代、教会で聞く音楽だけが希望だった。10代のときに窃盗で投獄されたジェームスは刑務所に慰安に来たゴスペルグループのボビー・バード(ネルサン・エリス)と出会う。ジェームスの類稀な才能を見抜いたボビーは家族を説得。彼の保証人となって釈放し、ふたりが中心のバンド“フェイマス・フレイムス”を結成。ジェームスの才能は開花し、黒人解放運動の時代の波にも乗って一気にスターダムに伸し上がるのだった。クレイジーな言動、派手な女性関係と破天荒なジェームスだが誰よりも音楽を愛し、完璧を目指すエンターテイナーだった。しかしその厳しさはやがて仲間との確執を生み、ついにどんな時も彼を支え続けてきた親友ボビーも去ってゆくー。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会