ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】水没スマホを90%の確率で復活 !「リバイバフォン」日本初上陸

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大切なスマホが水没!そんな時にあわてて電源をオンにして、もっと致命的な故障をさせてしまった経験はないだろうか?

そんなスマホユーザーの緊急事態に、イギリスから究極の水没モバイル機器レスキューグッズ「リバイバフォン」が、日本に初上陸する。

アミダトレーディング株式会社、矢口和彦(ヤグチカズヒコ)代表取締役に話を聞いた。

・特殊な液体に7分間浸し、24時間自然乾燥させるだけ

Q1: 「リバイバフォン」は、どのようにしてスマホを直すのでしょうか?

モバイル機器の水没による主な故障の原因は、水に含まれる「ミネラル成分」が内部に付着することです。

リバイバフォンの特殊な製法による液体に7分間浸し、24時間自然乾燥させるだけで、ミネラル成分を除去し、安全・最適に復活させることが出来ます。

まさに、世界で唯一のソリューション(解決策)です。その復活確立は、水没後1週間以内の使用で90%の確率です。(※未通電・未充電の場合)

リバイバフォンは、税込価格6048円。ヨドバシカメラ、ビックカメラ等家電量販店、ソフトバンクショップ銀座・表参道等のキャリア直営ショップ、amazon、楽天等のネットショップで発売中です。

Q2: 2013年秋にイギリスで発売され、全世界で好評の商品のようですね。海外での反応をお聞かせください。

本国イギリスを初め、現在、アメリカを皮切りに9カ国で発売中です。今後も取扱国は増えて行く予定です。

メーカーの海外担当役員によりますと、リバイバフォンは、世界唯一のソリューション=解決策ですので、各国でその反響は絶大と聞いております。

・ミネラル成分を除去 安全・最適に復活

Q3: 今回、御社から日本で展開することになった「リバイバフォン」ですが、ユーザーにはどのように使って欲しいですか?

実は、モバイル機器を水没させた場合でも3日間程度の自然乾燥で70%程度は復活するのです。水没させてしまった方の大半は、すぐに電源を入れてしまったり、ドライヤーで熱風を当てたりして、自分の首を絞めているのが現状です。

モバイル機器を水没させてしまった場合、一番やってはいけないことは通電・充電させることです。これらを行うことにより、デバイスの基盤が水の電気抵抗や水に含まれるミネラル成分のためショートして不具合を生じてしまいます。

また、自然乾燥だけの復活ですと、内部にミネラル成分等の不純物が不着したままの状態になり、将来的に不具合を起こす可能性を残してしまいます。

リバイバフォンを使用することにより、水没したモバイル機器は安全・快適な復活をするのです。

Q4: この商品を実際に使ってみたユーザーの反応はいかがでしたか?

お陰様で概ねご好評を頂いております。

勿論、実際に復活しなかった場合は厳しいご意見もございますが、お客様によっては、水没後に通電をさせてしまったり、様々な状況がございますので貴重なご意見として有り難く頂戴しております。

・iPhoneにビールをかけてもOK!の新商品も発売予定

Q5: 今後の他社との提携や、新しい商品の発売予定を教えてください。

イギリス本社では、スプラッシュ【Splash】という、携帯電話防水スプレーキットを発売しております。

この製品は、非防水仕様の携帯電話に塗布施工するだけで簡単に防水機能を持たせることができます。防水効果は約12カ月で、この夏に発売予定です。

これから暑くなる季節。毎日水を持ち歩いたり、水辺でのイベントも多くなる分、スマホには危険がいっぱいだ。もし、次に大切なスマホを水没させてしまったら、焦らず90%の確率で復活という「リバイバフォン」を使ってみてはいかがだろうか?

究極の水没モバイル機器レスキューグッズ「リバイバフォン」

(Writer: Saera Jin)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP