ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

G.G.佐藤がNHK「視点・論点」で再出発論 「人生って、キモティー!」の締めに感動の声

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
G.G.佐藤がNHK「視点・論点」で再出発論 「人生って、キモティー!」の締めに感動の声

元プロ野球選手の「G.G.佐藤」こと佐藤隆彦さんが、5月6日放送の「視点・論点」(NHK Eテレ)に登場した。「シリーズ・人生再出発 回り道はムダじゃない」と題されたこの番組で、佐藤さんは自身の「回り道だらけ」の人生観を語った。

「佐藤隆彦です。昨年まではG.G.佐藤というプロ野球選手でした。試合後のインタビューで『キモティー!』と叫んでいた選手だといえば、覚えておられる方もいるでしょうか。北京オリンピックという大舞台で、3つもエラーした選手だと申し上げたほうが、思い出してもらえるかもしれません」

アメリカでの「回り道」のおかげでプロ野球選手になれた

「視点・論点」といえば、社会・国際問題を論じることが多いオピニオン番組。学者や文化人、評論家が出演することが多く、スポーツ選手の例はあまりないが、今回は「人生再出発」というテーマで白羽の矢が立ったのかもしれない。

佐藤さんは36歳。2014年のオフに千葉ロッテマリーンズから戦力外通告を受け、現在は会社員として「スーツを着て、ネクタイを締め、新たな取引先を求めて歩きまわる毎日」だそうだ。

「もしかしたらプロ野球選手だったことは、ビジネスマンとして回り道だったかもしれないけど、『成功するためには必要な経験だったね』と言われる日が来るかもしれません」

学生野球で結果を残せなかった佐藤さんは、野球を続けるためにアメリカで入団テストを受ける。そこで与えられたポジションは、一度も経験がなかった「キャッチャー」だった。

不安はあったというが、「でもそこで『YES』と言わなければ何も始まらない」と、1Aのチームに所属することを決意した。

しかし「練習は厳しい」「話し相手もいない」「いつも一人ぼっち」というツラい日々。心の底からイヤになり「アメリカに来たことを後悔した」こともあったという。

それでも試合に出続けることで、上達を実感するようになる。3年後の2004年、腕試しに西武ライオンズの入団テストを受けたところ、運よく合格という結果を勝ち取ることができた。佐藤さんは合格の理由を「私がキャッチャーだったから」と振り返る。
大活躍から戦力外、そしてイタリアへ…

当時の西武は、不動のレギュラーだった伊東勤氏が監督に就任し、まだポジションが埋まっていなかった。

「アメリカに行くためキャッチャーになったのですが、それが結果的に、日本のプロ野球への門を開いてくれました」

西武入団後は外野手にコンバートされ、2007年は136試合に出場。打率は3割を超え、ホームランは25本打ち4番を務めるなど、大活躍のシーズンとなった。

しかし、そこに悲劇が襲う。翌08年の北京オリンピックで、準決勝、3位決定戦と2試合続けて、敗戦につながるエラーを犯してしまう。さらにその後、故障にも悩み、両ひじ、左肩と3か所の手術を重ねた。

ケガからの復帰を望み、朝から深夜まで必死で練習をしたが、ある日、胸の動悸がおさまらなくなり入院。練習が怖くなり、すっかり気力を失ってしまい、2011年に西武から戦力外通告を受けた。そこで佐藤さんは心機一転、イタリアへ渡る。

イタリアは野球が盛んではない。しかし「野球が人生のすべて」だった佐藤さんにとっては逆に「野球がすべてではない」環境に身を置くことで世界が広がったという。
「人生、回り道はムダじゃない」と視聴者も感激

帰国後に千葉ロッテの入団テストを受けた時も、「ここでヒットが打てなくても死ぬわけじゃない」と思えるようになり、もう一度チャンスをつかむことができた。

「30年におよぶ、野球生活の中で、私は何度も回り道をしました。でもどれも、自分にとっては、プラスでした。回り道にムダはなかったな、と思っています」
「最後に、こう叫んで終わります。人生って、キモティーーーーーーッ!」

10分間の放送で自らの半生を振り返った佐藤さんに、ツイッターなどでは「めちゃめちゃかっけぇ」「染みる…人生、回り道はムダじゃない」「スピーチめっちゃいい」「泣けるw」といった声が多く見られる。

そういえば放送日から7年前の2008年5月5日、日本ハム戦で勝ち越し2ランを放ったG.G.佐藤が叫んだのも、この一言だった。

「こどもの日。こどもたちよ、夢を現実に。そしてホームランに夢を乗せて、鯉のぼり。キモティー!」

あわせてよみたい:元横浜DeNA小林太志さんの「セカンドキャリア」とは
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。