体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

八王子ラーメンで人気NO1の店に行ってみた @東京都八王子市『タンタン』

tantan-1

今回は「八王子ラーメン」の中でも、大御所と呼ばれている『タンタン』を紹介してみましょう。
まず、この店に行った事がなければ「八王子ラーメンを語る資格なし!」って程の名店で、行列の長さもピカイチの超人気店です。

「八王子ラーメンとは?」

何度も説明するようで恐縮ですが、とりあえず初めて「八王子ラーメン」と言う言葉を耳にする「一般ピープル」の方々も多かれ少なかれ存在すると思われるので、一言で説明しておきますと

「タマネギの微塵切りが乗ったラーメン」

が「八王子ラーメン」って事で良いと思います。他にも「基本的には豚骨や鶏ガラとの節系(魚介)ダブルスープ」とか醤油味とか、繊細なスープに合わせて麺は細麺がデフォとか、色々とあるのですが、一言で言うと「タマネギ=八王子ラーメン」が分かりやすいと思います。

ちなみに、やたらと「タマネギ」をフィーチャーしてきますが、八王子的には

「さして玉葱を栽培もしていなければ、言うほど玉葱が好きでは無い!」

と言う程度のモチベーションですので、そこら辺のところは御了承下さい。

tantan-7

『タンタン』は土日祝日が定休日である!

しかも営業時間は「11:00~14:30」ですが何か?

もはや、この時点でラーメン屋としては異常に敷居が高いと言うか、一般的なサラリーマンには「ほぼ無理ゲー」だと思うのですが、とにかく『タンタン』のラーメンは人気があります。

どのくらい人気があるのかを、分かりやすく言うと

「ラーメン二郎野猿街道店2より並ぶ事がある!」

と思って頂ければ、その行列ぶりが把握出来ると思います。筆者も開店10分前に並んだにも関わらず、普通に13番目くらいでした…

そして店を出る頃には20人近い行列が…

まあ、普段はせいぜい10人くらいの並びでしょうが、八王子で10人並ぶと言う事は『ラーメン二郎 三田本店』のある都心部ならば、100人の行列に相当すると思って間違いないでしょう。

tantan-10

『タンタン』はチャーシュー麺がイチオシ!

そして、やっとの思いで入店します。店の入り口の右手にウォータークーラーとコップがあるので、それらを持って指定された席に着きます。

壁にあるメニューを見ると、あれこれ惹かれるモノがありますが、今回は基本に忠実と言う事で

「並ラーメン」(500円)

をオーダーします。オーダーすると麺の茹で加減を聞かれるのですが、コレも基本と言う事で

「普通でお願いします」

となります。いや、確実に「大チャーシュー」とか「特チャーシュー」に行きたい衝動に駆られる筆者ですが、このシリーズは「普通(並)縛り」で通しているので仕方ありません…

あと大半のお客さんが、チャーシュー麺で「ネギ増し」にしていたのも気になりますが、これも記事を書く為に泣く泣く諦める方向です…

tantan-2

『タンタン』で並ラーメンを食す!

そして、あれこれ言う割には、さっさと実食になる勢いで御座います。

いや、本当は色々と書きたいし写真も撮りたいのですが、何せアイランドシートと言うか「補助席」的な壁側の席に座ったので目の前が「壁」でして、あまり店内の写真を撮れなかった的な何かです。

なので、ココは前戯なしで、いきなりレポっちゃう方向で進めます。

tantan-3
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy