ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

八王子ラーメンで人気NO1の店に行ってみた @東京都八王子市『タンタン』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

tantan-1

今回は「八王子ラーメン」の中でも、大御所と呼ばれている『タンタン』を紹介してみましょう。
まず、この店に行った事がなければ「八王子ラーメンを語る資格なし!」って程の名店で、行列の長さもピカイチの超人気店です。

「八王子ラーメンとは?」

何度も説明するようで恐縮ですが、とりあえず初めて「八王子ラーメン」と言う言葉を耳にする「一般ピープル」の方々も多かれ少なかれ存在すると思われるので、一言で説明しておきますと

「タマネギの微塵切りが乗ったラーメン」

が「八王子ラーメン」って事で良いと思います。他にも「基本的には豚骨や鶏ガラとの節系(魚介)ダブルスープ」とか醤油味とか、繊細なスープに合わせて麺は細麺がデフォとか、色々とあるのですが、一言で言うと「タマネギ=八王子ラーメン」が分かりやすいと思います。

ちなみに、やたらと「タマネギ」をフィーチャーしてきますが、八王子的には

「さして玉葱を栽培もしていなければ、言うほど玉葱が好きでは無い!」

と言う程度のモチベーションですので、そこら辺のところは御了承下さい。

tantan-7

『タンタン』は土日祝日が定休日である!

しかも営業時間は「11:00~14:30」ですが何か?

もはや、この時点でラーメン屋としては異常に敷居が高いと言うか、一般的なサラリーマンには「ほぼ無理ゲー」だと思うのですが、とにかく『タンタン』のラーメンは人気があります。

どのくらい人気があるのかを、分かりやすく言うと

「ラーメン二郎野猿街道店2より並ぶ事がある!」

と思って頂ければ、その行列ぶりが把握出来ると思います。筆者も開店10分前に並んだにも関わらず、普通に13番目くらいでした…

そして店を出る頃には20人近い行列が…

まあ、普段はせいぜい10人くらいの並びでしょうが、八王子で10人並ぶと言う事は『ラーメン二郎 三田本店』のある都心部ならば、100人の行列に相当すると思って間違いないでしょう。

tantan-10

『タンタン』はチャーシュー麺がイチオシ!

そして、やっとの思いで入店します。店の入り口の右手にウォータークーラーとコップがあるので、それらを持って指定された席に着きます。

壁にあるメニューを見ると、あれこれ惹かれるモノがありますが、今回は基本に忠実と言う事で

「並ラーメン」(500円)

をオーダーします。オーダーすると麺の茹で加減を聞かれるのですが、コレも基本と言う事で

「普通でお願いします」

となります。いや、確実に「大チャーシュー」とか「特チャーシュー」に行きたい衝動に駆られる筆者ですが、このシリーズは「普通(並)縛り」で通しているので仕方ありません…

あと大半のお客さんが、チャーシュー麺で「ネギ増し」にしていたのも気になりますが、これも記事を書く為に泣く泣く諦める方向です…

tantan-2

『タンタン』で並ラーメンを食す!

そして、あれこれ言う割には、さっさと実食になる勢いで御座います。

いや、本当は色々と書きたいし写真も撮りたいのですが、何せアイランドシートと言うか「補助席」的な壁側の席に座ったので目の前が「壁」でして、あまり店内の写真を撮れなかった的な何かです。

なので、ココは前戯なしで、いきなりレポっちゃう方向で進めます。

tantan-3

まずタマネギですが、結構細かい微塵切り的な何かです。タマネギの量は普通でしょうか?
これなら「ネギ増し」にしても良かったかもですね。スープに浮かぶ油とイイ感じにフュージョンしています。

スープは他の「八王子ラーメン」と比べると、動物系(鶏ガラ?)の出汁が効いている感じで、鰹節や煮干しなどの魚介感は少な目です。
でも鶏ガラも丁寧に処理しているようで、スープ自体の香りは「節系」の魚介スープですね。

tantan-4

『タンタン』のスープは豚骨も使っていると言う説もありますが、あまり豚骨感はありません。
個人的な見解ですが『タンタン』ではチャーシュー麺が大量に出るので、豚肉と言うかチャーシューの方から出る旨みが加わった醤油ダレかと思われます。

醤油も控えめで、全体的には薄味と言うかサッパリ系ですが、スープとしてはシャープで非常に美味しいと思います。

あまり多くの材料をゴテゴテ煮たスープではなく、洗練された少数の材料の持ち味を最大限に引き出した感じです。

tantan-5

麺の方は細麺で、かなりスープの絡みが良いです。加水率も細麺にしては低めなのか、結構いい感じに醤油色に染まっていきます。

確かに、この麺だと「堅め」でオーダーする人が多いのも納得ですね。
でも、食べた事もないラーメン屋さんで、いきなり「麺堅め」をオーダーするのもダサいので、最初は「普通」で様子見するのが正解でしょう。

そもそもが「麺堅め」って言っておけば通っぽいみたいな、昨今の風潮は如何なモノかと思います。

tantan-6

チャーシューが秀逸な『タンタン』

若干、海苔やメンマなどは普通と言うかインパクトはないので、さして褒め称えるほどの要素が無い事は否めません。

しかし!

この『タンタン』のチャーシューは確実に美味しいんじゃないでしょうか?

チャーシューも割と薄めな味付けですが、イイ感じの塩加減と言うか絶妙な塩分で美味しいです。
最近はわりとガッチリ「醤油味」なチャーシューが多いのですが、こんくらいの加減の方が細麺には合う気がします。

肩ロースなので肉と脂のバランスも良いですね。柔らかく肉の味も楽しめます。やはりチャーシューは肩ロースが一番でしょう。

これは確かに「チャーシュー麺」をオーダーする人が多いのも納得のチャーシューですね。
筆者は記事的な縛りで「並ラーメン」ですが、これから『タンタン』に行こうと思っている人は

「チャーシュー麺、ネギ増しで!」

が正解かと存じます。いや、むしろ「大チャーシュー麺」や「特チャーシュー麺」にすべき案件です。
ってか、初めて『タンタン』に来たなら、絶対に「チャーシュー麺」を食べて下さい。お願いします。

tantan-8

八王子ラーメン『タンタン』 総評

流石は「八王子ラーメンでNO1」と呼ばれている『タンタン』ですね。スープも麺も言う事なしです。特にスープに関しては「八王子ラーメン」の極みに達していると思います。

前回の『吾衛門』も超絶にレベルの高いラーメンだったのですが、この『タンタン』も間違いなく名店だと思います。

そしてチャーシュー… このチャーシューが『タンタン』の人気の秘密なんじゃないでしょうか?

ぶっちゃけ500円のラーメンに、あの大きさのチャーシューは反則でしょう。これを食べたら次からは『大チャーシュー麺』(800円)が食べたくなるに決まっているじゃないですか。

あと『タンタン』と1㎜も関係ない私的な事で誠に恐縮ですが、あえて言おう!

「八王子はチャーシュー麺縛りにしておけば良かった!」

と… 「八王子ラーメン」の記事を最初から「チャーシュー麺縛り」で書いておけば、何も問題なかったのではないのか?

そう思わせるほどに『タンタン』のチャーシューは美味しかったと言う事です。

それでは、みなさんもの『タンタン』で、チャーシュー麺を食べて見て下さい。八王子ラーメンの魅力にはまる事、間違いなしですよ。

tantan-9

タンタン

住所    東京都 八王子市 子安町 1-30-6

営業時間  11:00~14:30

定休日   土日祝日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。