ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

衣替えの季節におすすめ。アロマオイル防虫剤のつくり方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

暖かい日が多くなり、そろそろ衣替えした方も増える季節だが、シーズンが終わった後の衣類はどうやって保管しているだろうか。市販の防虫剤を一緒に入れて保管するというのが一般的だが、防虫剤の匂いが苦手という方もいるだろう。

そんな方におすすめなのは、アロマオイルを使った防虫剤だ。今回は、アロマオイル(精油)を使った衣類の防虫対策を、K’s Aroma主宰の橋本裕子さんに伺った。

まず、アロマを使った防虫対策には、どんな種類が?「一番手軽な方法は、アロマスプレーを使ったサシェ(香料や乾燥させたハーブを入れた小袋)です。無臭のペーパーフラワーやドライフラワーにアロマスプレーを吹きかけ、オーガンジーの袋に入れるだけ。ペーパーフラワーは100円ショップなどでも購入することができます。オーガンジーの袋は通気性が良く、香りが出やすいのでおすすめです」

では、アロマスプレーの作り方は?「材料は、全てアロマショップで手に入ります。ビーカーやガラス棒があれば便利ですが、なければアトマイザー(スプレー付き容器)に直接注いで混ぜてつくることもできます。つくり方のポイントは、始めに無水エタノールと精油を混ぜること。精油は水に溶けないので、必ず順序を守ってください」

橋本さんに教わったアロマスプレーのつくり方をご紹介しよう。

●アロマスプレーのつくり方
<材料>
・精製水…30ml
・無水エタノール…20ml
・好みの精油…30滴(濃度3%、オーデコロン濃度)

<つくり方>
1.無水エタノールをビーカーに注ぐ。なければ、容量50mlのアトマイザーに直接注ぐ。
2.好みの精油をビーカーに加え、ガラス棒で混ぜる。なければアトマイザーに直接加えてふたをし、アトマイザーを振って混ぜる。
3.精製水をビーカーに加え、ガラス棒で混ぜる。なければ2と同様、アトマイザーに加えて混ぜる。

アロマスプレーと聞くと敷居が高く感じられるが、意外と簡単につくれるようだ。では、アロマスプレーにおすすめの精油は?「精油30滴分でおすすめの配合は、ローズウッドを15滴、パチュリー9滴、ラヴィンサラを6滴です。アロマオイルは植物から抽出されたものなので、すべてのアロマオイルには何かしらの虫よけ効果があります」

ちなみに、ローズウッドのかわりにラベンダー、ラヴィンサラのかわりにローズマリー、ユーカリ、ティートリーなどでもOKだそうだ。「なかでも“パチュリー”は、シルクロード時代から、インド産のカシミヤショールを運ぶ際に、乾燥した葉を布の間に挟んで使われていた、という話しがあります」

パチュリーはかなりの昔から、布の虫よけに使われていたそう。アロマオイルはペーパーフラワーのサシェ以外に、「重曹アロマサシェ」がおすすめとのことでレシピを教えていただいた。

●重曹アロマサシェのつくり方
<材料>
・重曹…60g
・(上記で配合した)アロマオイル…30滴分
・ビニール袋
・だしパックorティーバッグ
・好みの布とリボンor巾着袋

<つくり方>
1.ビニール袋に重曹を入れて、アロマオイルを加え、振りながらなじませる。
2.だしパックに1の重曹を入れて、布で包み、リボンで口を縛る。

布で包むのは、衣類にアロマオイルの色移りを防ぐためとのことだ。

ペーパーフラワーのサシェは約2週間、重層アロマサシェは約1ヶ月効果が続くそう。香りがなくなったら、アロマスプレーを吹きかければまた同様に使用できるとのこと。アロマオイルによっては注意事項もあるので、用法を守って楽しみたい。●取材協力
K’s Aroma 橋本裕子さん
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/05/08/83301/

【住まいに関する関連記事】衣替え、捨てる前にやってみて! アイデア勝負のお手軽リメイク術
クールビズもそろそろ終了、これから活躍するネクタイの収納法とは
部屋を涼しげにイメージチェンジ!海・リゾートを意識した部屋づくりのコツ
悩ましい夏の害虫たち。みんなが実践した防虫対策って?
スーツは3着必要!新社会人のためのスーツのお手入れ方法

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP