ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「総合職か、それとも一般職か」――悩める就活女子は「自分が外せない条件」を考えよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

総合職に応募すべきか、それとも一般職にしようか…。就活女子の多くが思い悩む選択肢ではないでしょうか。今日は転職を経て両方の職を経験してきた私が、個人的な見解ではありますが、それぞれの良い面と悪い面を紹介します。

まずは一般職から。メリットは何といっても「転勤がないこと」。早めの時間に帰れることが多く、習い事など「アフター5を満喫できる」職場が多いでしょう。体力と時間に余裕を持てるので「結婚後も続けられる」可能性も比較的高いです。(文:ユズモト)
100%満足できる職場なんてないのかも

デメリットは「仕事の中身」。すべての一般職がそうとも言い切れませんが、単調な事務仕事が多く、売上など目に見える成績がないのでモチベーションを保つのが難しい。お給料が安く、長く勤めても「お給料がなかなか上がらない」場合も多いです。

あと、一般職の女性同士の「人間関係」が面倒くさいところもあるかもしれません。エネルギーが仕事に向かわず、別のところに向かいがちなんでしょうかね。

総合職のメリットは、一般職に比べて「お給料が高いこと」。異動や転勤があり、「色々な仕事」を経験できます。営業なら売上など目に見える結果が出るし、その結果に応じてお給料が上がるところもあるので、高いモチベーションを保ちやすいです。

デメリットは、「仕事の責任が重いこと」。お給料が高い分、仕方ないのですが、営業であれば目標数値に毎月追われたりします。男性社員と同じように働くことを求められ、体力的にもきつい。結婚後に働き続けるのは難しい場合もあるでしょう。

これを読むと「どっちもどっちだな」と思いませんか…?そうなんです。仕事がラクで給料が高く100%満足できる職場なんて、まずありません。だからこそ自分が絶対に外せない条件は何かを考えて、それに合った方を選ぶことが大事なのだと私は思っています。

私はホテルウーマンから一般事務に転職しましたが、ホテルの方が仕事は面白かったし、お給料も大幅に下がりました。でも、自分が好きに使える時間が大幅に増えたので、まあ良いかなと思っています。

恐らく私はお金や仕事のやりがいよりも、ワークライフバランスを重視するタイプなのでしょう。何が一番大切だと感じるかは人によって全然違います。自分には何が必要か、よく考えて後悔のない職選びをしてくださいね。

あわせてよみたい:海外駐在を控えた商社マンが「専業主婦になって」とプロポーズ
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP