ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2015年5月)、Lollipopのシェアが10%に近づく

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android Developers の公式サイトで 2015 年 5 月 4 日までの 7 日間にわたる Android のバージョン別シェアの統計データを公開しました。今回の OS バージョンのシェアは、1 位が KitKat 39.8%(↓41.4%)、2 位が Jelly Bean 39.2%(↓40.7%)、3 位が Lollipop 9.7%(↑5.4%)、4 位が Gingerbread 5.7%(↓6.4%)、6 位が Ice Cream Sandwich 5.3%(↓5.7%)、7 位が Froyo 0.3%(↓0.4%)という結果でした。今回は、Lollipop だけがシェアを上げた一方で、他のバージョンはシェアを下げました。また、KitKat はこれまで毎回シェアを上げ、ようやく前回の調査でシェアトップに立ちましたが、今回の調査で減少に転じました。Lollipop のシェアはまだまだ低いものの、前回から 4.3% 増と Android バージョンシェアの動きでは稀とも言える割合でシェアを上げています。これは 3 月 ~ 4 月に発売された各社のフラッグシップに採用されたことが大きく影響していると考えられます。Source : Android Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
FeedlyのAndroidアプリがv27.0.3にアップデート、Google Nowに対応
Google、「Google Playストア」新バージョンv5.5.8をリリース、新しいアニメーションに対応
LG G4の外観をカスタマイズできる標準機能を紹介した動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP