体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

二子玉川発! このGWは家族でDIYデビューしてみよう! 

二子玉川発! このGWは家族でDIYデビューしてみよう!(写真撮影:嘉屋恭子)

2015年春、もっとも注目されているエリアといえば、大規模商業施設「二子玉川ライズ」がオープンした二子玉川(東京都世田谷区、田園都市線で渋谷駅から急行で10分)。この二子玉川に、今までありそうでなかったDIYのお店が続々とオープンした。どんなお店で、どんなことができるのだろうか。さっそく取材してきた。女性目線での店づくりが好評! DIYビギナーを応援する「ツクリバ」

2015年3月、玉川高島屋S・Cガーデンアイランドにお目見えしたのが、「tukuriba(ツクリバ)」。ターゲットを女性のDIYビギナーにしぼりこんだ専門店だ。手ぶらで来店してDIYに挑戦できるのが特徴で、材料を店で購入できるほか、1時間1080円でワークスペースをレンタルでき、備え付けの工具を使って、気軽にDIYにチャレンジできる。

店内には雑貨のように工具や塗料、壁紙、部材などがオシャレにディスプレイされていて、自然と「カワイイ」と手にとってしまう。ホームセンターのように圧倒する品ぞろえではなく、
(1)DIY経験が浅くても扱いやすい、(2)万が一塗料が口に入ってしまっても安全、(3)女性の力でも無理なく使える、
などの視点で品物を絞り込んでいるため、選びやすい。また、店舗を運営するのは店長の掃部関(かもんぜき)真紀さんをはじめ、女性スタッフが中心。主婦目線での実用的なアイデアや提案をしてもらえるため、「おもちゃが収まる家具をつくってみたい」などと話も盛り上がるという。

「私どもが提供したいのは、モノではなく、部屋づくりのアイデアやつくる楽しさ。“ここにちょっとした棚がほしい”とか“子ども部屋の壁紙を塗り替えたい”と考えている人は多いけど、経験がなくて皆さん尻込みしている。その背中を押すことができたら」と話すのはマネージャーの佐藤健太さん。

店舗ではDIYを経験できるワークショップを開催し、経験やノウハウを溜めていき、自宅でできるような仕掛けも行っている。オープンして1カ月だが、早くも地元の女性たちの注目を集め、リピーターも増えているようだ。

「土日や大型連休は予約不要で参加できるワークショップもあります。男女問わず、まずはDIYにチャレンジしてもらって、家に手を加える楽しさを発信していきたいですね」と佐藤健太さん。

【画像1・2】店内はカフェや雑貨店のようなディスプレイ。見ているだけで楽しい(写真撮影:嘉屋恭子)

【画像1・2】店内はカフェや雑貨店のようなディスプレイ。見ているだけで楽しい(写真撮影:嘉屋恭子)

【画像3・4】ワークスペースは3カ所。工具は女性が扱いやすいものをセレクト(写真撮影:嘉屋恭子)

【画像3・4】ワークスペースは3カ所。工具は女性が扱いやすいものをセレクト(写真撮影:嘉屋恭子)溶接からリノベまで! より本格的な「DIY FACTORY二子玉川」

2015年4月24日、二子玉川ライズの一角にオープンしたのが、大阪発の「DIY FACTORY二子玉川」。運営は「DIYツールドットコム」という通販サイトもおこなっている大都だ。店舗のワークスペースでは、DIYだけでなく大阪でブームとなっている「溶接」も体験できる。壁には工具や補修用品などがずらりと並び、どこか男性の心をくすぐる店舗に。また、「親子」をキーワードにしており、店頭入ってすぐのところに木製のブルドーザーや飛行機などの、組み立て式のおもちゃが置いてある。

「この木製のおもちゃは、小さなお子さんだけで組み立てるのは難しいんです。お父さんやお母さんと力を合わせて、世界で1つのおもちゃをつくってほしいんです。夏休みの自由研究にもちょうどいいですよ」と教えてくれたのは、運営する大都・広報担当の数田知香さん。好みに応じて塗料を塗れば、世界で1つのおもちゃが完成する。DIYを通じて、親子でモノをつくる時間、楽しさを提案したいという。店舗では、こうしたおもちゃづくりだけでなく、シェルフやラックづくりなどのワークショップを開催予定だ。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。