ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“スシロー”とよしもと芸人がコラボ! 無料アプリでネタ動画公開 8.6秒バズーカーが店内放送も

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


回転寿司チェーン“スシロー”が、“よしもと”とコラボした新プロジェクト“スシロー×よしもと まんぷくプロジェクト”を発足。よしもとの芸人たちが活気ある店内作りや新メニューの考案などに協力し、新しいスマートフォンアプリを通じて待ち時間でも楽しめるコンテンツを提供してくれるそう。先日都内で開催され、人気芸人たちも多数登場した発表会の模様をお届けします。

スマホアプリで新鮮な(お笑い)ネタを楽しめる!


同プロジェクトの第1弾として、全国の“スシロー”で利用できる新しいスマホアプリ『スシローアプリ』を配信。アプリ内でしか見ることのできない、人気芸人たちによるオリジナルネタが楽しめる無料動画コンテンツ『まんぷく劇場』を公開しています。

『スシローアプリ』ダウンロードURL:
『App Store』:https://itunes.apple.com/jp/app/sushiro/id551682016?mt=8[リンク]
『Google Play』:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.akindo_sushiro.sushiroapp&hl=ja[リンク]


動画の内容は月替わりで更新され、現在は初回の登場芸人としてアキナ、学天即、8.6秒バズーカー、ヒューマン中村、藤崎マーケットのオリジナルネタを公開中。試しに閲覧してみたところ、お寿司や“スシロー”が盛り込まれたネタが多く、笑いとともにお腹が空いてくる内容となっています。



発表会では、今後“まんぷく劇場”に登場予定の天狗、おかずクラブら注目の芸人たちがステージでネタを披露し、会場を沸かせていました。これからさらにブレイクするであろう芸人たちをいち早くチェックできるのも、『スシローアプリ』ならではかもしれません。

芸人たちが店内も盛り上げる!


さらに芸人たちは、『スシロー』の店内放送ナビゲーターを月替わりで担当。記念すべき1組目を8.6秒バズーカーが務めており、オススメの旬なネタや期間限定フェアなどの情報を20分毎に軽快なリズムに乗せて紹介しています。

発表会に登場した8.6秒バズーカーは、「まあまあ普通の声の2人なんで、ただの大学生がナレーションしてるみたいです。スミマセン(笑)」と自虐的にコメント。気になる方は“スシロー”の店内でチェックしてみましょう。


また、森三中の村上知子さんは“スシロー”の“カフェメニューオーガナイザー”に任命され、毎月オススメのカフェメニューを紹介していくとのこと。




今月のオススメとして、挽きたてのコーヒーを使った“カフェラテ”、そしてそれにピッタリな“宇治抹茶アイスとわらびもち”、“果肉たっぷり苺ミルクパフェ”などを紹介しました。

村上さんは、「“スシロー”さんはお寿司屋さんなのに、カフェだけの利用もできちゃうんですよ。食後はあがり(お茶)の代わりにコーヒーでゆっくりしてみてはいかがですか?」と“スシロー”のカフェ利用を提案。「自分でも美味しいスイーツを考案して、みなさんに召し上がっていただきたいと思っています」と、今後の展望も聞かせてくれました。


そして、今やイラストレーターとして各界から引っ張りだこの鉄拳さんもプロジェクトに参加。


“クリエイティブディレクター”として、店内で配布されるリーフレットなどにイラストを提供しています。


ステージでは、ご本人が約2年ぶりのネタと語った「こんな“スシロー”には行きたくない」を披露。こちらも『まんぷく劇場』で観られる日が来るかもしれないので楽しみに待ちましょう。


あきんどスシロー執行役員営業本部長の福田哲也氏は、「お寿司屋さんは活気があって、威勢が良くて、お客様の会話が弾む雰囲気が大切だと思っています」と、店内を盛り上げてくれるよしもと芸人へ期待を寄せていました。

スマホアプリから予約をすれば待ち時間なし!


この『スシローアプリ』、店頭で並ばなくてもスマホで順番待ちの発券や座席予約を行うことができる“スマホで発券・予約”機能が便利です。


「スマホで受付・予約」のボタンを押せば、位置情報から近くの店を検索してくれ、現在の待ち時間をリアルタイムで表示してくれます。




もちろん、指定のお店を検索して予約することも可能です。人数と日時を入力すれば、あっという間に予約が完了。待ち時間なくスムーズに入店することができます。


あきんどスシロー執行役員マーケティング本部長の森井理博氏によれば、「『スシローアプリ』では今後、テイクアウトのネット注文受付サービスも導入を予定しています。子ども連れのお客様にも楽しんでいただけるキッズメニューも開発している最中なので、是非ご期待ください」と新たな施策を次々と打ち出す予定とのこと。

近くの“スシロー”にお出掛けの際は、『スシローアプリ』を賢く利用しつつ、“スシロー×よしもと まんぷくプロジェクト”にも注目してみては?

“スシロー”公式サイト:
http://www.akindo-sushiro.co.jp/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP