ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名物食堂から屋台まで!「地球の歩き方」より日本一ディープなシンガポールグルメ本がお目見え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

多民族国家シンガポールは、中国、マレー、インドなど、さまざまなアジア料理が融合した、美食が集まるグルメタウン。

4月24日に発売されたグルメガイド「地球の歩き方gem STONE 064 シンガポール 絶品!ローカルごはん 名物食堂から屋台まで、本当においしい店を教えます!」(税抜1500円)は、その美食タウンの魅力を余すところなく紹介する貴重な1冊だ。

著者は地球の歩き方コーディネーターとして活躍し、安うまグルメを食べつくしてきたという、その道の達人。ガイドブックでは紹介しきれない名物食堂から知る人ぞ知る屋台まで、本当においしいローカルグルメのイチオシ店を案内してくれる。

ここで、絶対食べたい名物料理を少しご紹介。例えば麺なら、具だくさんの焼きそば「フライド・ホッケン・ミー」。カレーの場合は、魚の頭が豪快に入った「フィッシュ・ヘッド・カリー」。どんな料理が気になる!という人は、今すぐ書店へGO!

麺の種類や料理のジャンルなど、奥深い味のヒミツから食べ方まで、豊富な写真とともに詳しい解説が載っているので、読み応えたっぷり。他にも、知っていると得する屋台での裏ワザや、おみやげ食材の使い方&かんたんレシピ、料理の注文時に役立つ会話集など、ウレシイお役立ち情報も満載。

この本を読んだらすぐにシンガポールへ出かけたくなること間違いなし?!詳細については
こちら(http://www.arukikata.co.jp/guidebook/gem/gem63.html)へどうぞ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP