体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CHILLY GONZALES『Chambers』インタビュー

_DSC2698 © 2015 Alexandre Isard

iPadのCM曲“Never Stop”や、近年の評価を決定づけた『Solo Piano』シリーズ。さらには、コラボレーションで参加したダフト・パンクのアルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』が昨年のグラミー賞で最優秀アルバム賞を獲得したことも記憶に新しいかもしれない。他にもボーイズ・ノイズとのオクターヴ・マインズ名義でのリリースなど、活動の場をますます広げる天才音楽家チリー・ゴンザレスの最新ソロ・アルバムとなるのが『チェンバース』。ハンブルグのストリングス・グループ、カイザー・カルテットとの交流を深める中でインスピレーションを得た今作は、いわば“ピアノと弦楽四重奏のための音楽”。溌剌として唄心に溢れたピアノのフレーズ。奥行き豊か広がるオーケストラルな音色や旋律には、ジャズやアンビエント、イージー・リスニングなど様々なスタイルに通じたゴンザレスならではの素養も窺えて興味深い。そんなリスナブルにして洗練を深めた今作についてメール・インタビューで聞いた。

 

―今回の最新アルバム『チェンバース』の制作にあたって、カイザー・カルテットから得たインスピレーションとはどのようなものだったのでしょうか?

チリー・ゴンザレス「彼らはもの凄く才能があって、リズム感も抜群だったし、ポップ・ミュージックの弦楽四重奏団になりたいという意欲にも溢れてた。それが僕の哲学である“時代の申し子”となることに、ぴったり嵌ったんだ」

 

―さまざまなジャンルの音楽に造詣が深いあなたですが、室内楽についてはどのような視点から魅力を感じていたのでしょうか?

チリー・ゴンザレス「室内楽団は、19世紀のロック・バンドなんだ。4つか5つの楽器が一緒に音を鳴らしてるっていう、ちょうど僕がティーンエイジャーだった頃と同じだよ。オーケストラは軍隊みたいなもので、指揮者が大将だ。でも弦楽四重奏団は、友達同士のグループがお喋りしてるのと同じなんだよ」

_DSC2513 © 2015 Alexandre Isard

 

―そうした室内楽の魅力、実際にカイザー・カルテットとの交流の中で得たインスピレーションを今作の制作に反映させる上で、最も重視した点、腐心した点とは?

チリー・ゴンザレス「この問いには答えられないな、自分で意識していることじゃないから。インスピレーションというのは、突然ふっと湧いてくる時があるんだ。でも全然インスピレーションが湧かなくて、とにかく必死にハードワークするだけという時もある。すると、何か魔法が起きたりするんだよ。最も重視しているのは、毎日音楽を作る、ってことだね」

―『チェンバース』は、室内楽やクラシック音楽の現代的解釈を意味する作品であると同時に、そうした音楽を知らないリスナーやこれからの世代に向けた入り口となる作品でもあると思います。啓蒙、というと言葉が大袈裟かもしれませんが、そうした過去と現在、さらに現在と未来を繋ぐような作品にしたい、みたいな意識はありますか?

チリー・ゴンザレス「そう願ってるよ。古い時代の音楽と現代の音楽とが、ほとんど何もかもを共有し合うということ、それが僕の音楽的構想には欠かせない要素なんだ。つまり、スタイルや時代の違いというのは、実際、些細なことで……大抵の音楽は同じ12音音階を用いているし、似たようなリズムを使っている。テクノロジーは変化するものだし、文化も変化する。だけど音楽は、僕らが思ってるほど変化しないんだ。「もし◯◯だったら?」という問いかけをしてみるのもいいだろ?――例えば「もし弦楽四重奏がラップ・サンプリングみたいに聴こえたら?」とか色々ね。

―若いリスナーに室内楽を扱った作品をレコメンドするとしたら、誰の作品を選びますか? その理由も併せて教えてください。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。