体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界最大級のStartupイベント、Slush Asiaを体感! 感想は……めっちゃ楽しかったです!!

Slush Asia, Photo: Jussi Hellsten

Slush Asia, Photo: Jussi Hellsten

フィンランド発、世界最大級のStartup event、Slushのアジア版、Slush Asiaが4月24日金曜日に東京お台場の特設会場にて開催されました!
Slush Asiaって何?そう思われる方はぜひこの機会に覚えていただきたい、そう思う位、会場の盛り上がりは”This is something!”でした。そんなSlush Asiaの開会から閉会までの様子をレポートします!

Opening

Openingは9時。8時台未明、ゆりかもめで向かう車窓から見えてきたホワイトロック(スピーチなどのイベント会場となる白いドーム型テント)。この日のための特設会場です。

FullSizeRender

パートナーの企業はこんな面々。う〜ん、これは……!すごいですね……!

securedownload-4

Receptionで受付をすると、B5サイズの名札をいただきました。裏にはこのような会場内の地図、そしてWIFIの情報。表には参加者の所属、名前、カテゴリー(INVESTIGATER、STARTUP、STUDENT、ATENDEE、MEDIA)が書いてあります。B5サイズという大きさは、会いたい人と会えるよう、この機会を最大限に活かせるようにとの工夫かと。

FullSizeRender-2

まずは会場の把握から。主な会場は、上の写真の左上から、DEMO AREA、DEMO STAGE、PITCHING STAGE、そしてKEYNOTE STAGEの4箇所です。おまけで地図で中央に位置するSLUSH CAFEも。どれも白いドーム型の空間で、渡り廊下は屋外。とても動線が分かりやすく、迷子になることがありませんでした。そして秒単位で別の会場に行けるアクセスの良さ。

9時ちょうど、メインとなるKEYNOTE STAGEがドーム内が音楽とプロジェクションマッピングに満ちて、Anttiさんが開会のスピーチを!Passionateで堂々とした素晴らしい開会宣言。早くも盛り上がった歓声が聞こえていました!

Photo: Jussi Hellsten

Slush Asia, Photo: Jussi Hellsten

Photo: Tsukasa Nakagawa

Slush Asia, Photo: Tsukasa Nakagawa

KEYNOTE STAGE

メインとなるKEYNOTE STAGEではゲストスピーカーが次々に登場して15分〜20分のプレゼンや、トークセッションをしていく趣向。かつてStartupだった、あるいはそれに通ずる挑戦をして成功を収めてきた、そして今でも挑戦中である方々の、含蓄あるメッセージや哲学的ノウハウのオンパレード。プレゼンを写真で記録する人多数。私自身も心に残った言葉がたくさんあり、列挙すればキリがないほど。
以下、ほんの一部をご紹介。
(大意には私の咀嚼が含まれています。)

“Prepare for the mess and enjoy it!”
IdeaからSuccessまでの道は、決して平坦ではなく、ゴチャゴチャしていて面倒なもの。その準備をしよう、そしてそれを楽しもう。
Tomoko Namba, Founder, DeNA

Photo: Tsukasa Nakagawa

Slush Asia, Photo: Tsukasa Nakagawa

“Who may do.”
つまり誰がするのかってことだ。それは貴方がするんだ。
Peter Vesterbacka, Mighty Eagle, Rovio

Photo: Jussi Hellsten

Slush Asia, Photo: Jussi Hellsten

“You are the changer!”
貴方が、地域を変えられる、国を変えられる、世界を変えられる人なのだ。
Soichiro Takashima, Mayor of Fukuoka City

Photo: Tatsutoshi Okuda

Slush Asia, Photo: Tatsutoshi Okuda

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。