ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松岡充 MMED MV撮影ライブが開催、初披露の新曲から初めて仮面ライダーになって曲まで

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 『仮面ライダードライブ』の主題歌を担当することをきっかけに結成されたユニット・Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE(以下、MMED)が、4月22日、2ndシングル『time』の発売を記念して【Music Video Shooting Special Live】を開催。このライブレポートが到着した。

松岡充 その他のライブ写真など

 会場のディファ有明には、幸運にも当選した700名のファンが詰めかけた。まずMMEDのギター・tatsuo、ベース・IKUO、ドラムス・淳士がステージに現れ、パワフルに演奏を始める。しばらくしてボーカル・松岡充が、なんと客席の後ろからサプライズ登場。「キャ~!!」と大きな歓声を浴びて颯爽とステージに上がり、MMEDの1stシングルで『仮面ライダードライブ』の主題歌「SURPRISE-DRIVE」を歌った。

 1曲歌い終えた松岡は、「『time』を買って、dビデオで『仮面ライダー4号』を観て、(この日のライブに)応募してくれた皆さん、ありがとう。今日は雨降ったけど…濡れても可愛いですよ。そして、いい男ですよ」と観客に挨拶。客席からは「オオ~!!」と歓声が湧き上がる。次に、振り返ってバンドメンバーに「これ、ライブですか? シューティングですよね。本気すぎるんですよ、この猛者たちは…」と笑わせる。tatsuoは「やっと(MMEDとして)ライブができましたね」と嬉しそうに話した。

 松岡は「あの曲をやりたいと思います。僕が初めてライダーになった曲」と「W」を歌い、「『W』をやったら、あの曲ももれなく・・・だよね」と「cod-E~Eの暗号~」を披露する。ここから松岡は1曲歌い終わるごとに「はい、カット!! いただきました」と続けた。

 MMEDメンバーの雑談(?)をはさんで、この日発売された2ndシングル『time』を披露。続いてMMEDで初めて合わせるという、『time』のカップリング曲、ミディアムバラードの「good bye little moon」をしっとりと聞かせた。

 ここで「以上になりますが…」と一旦ライブを締めようとした松岡。しかし次の瞬間、「『time』の次の新曲を披露します。その映像を撮影して、リリースのときのMusic Videoにします」とファンにとって嬉しいサプライズが飛び出した。

 その新曲は、「SURPRISE-DRIVE」「time」と合わせて3部作になる「re-ray(リレイ)」(作詞・作曲 松岡充)という曲。2nd Sgリリース当日にして、早くも今夏リリース予定の新曲をいち早く披露した。キャッチーなメロディと迫力あるサウンドに客席は早くもノリノリ。10台のカメラで3テイクを撮影してOKになった。

 ここで松岡は「シューティングライブにお付き合いいただき、ありがとうございました。これでサヨナラだとあんまりなので…」と最後にもう一度「SURPRISE-DRIVE」を、そして「sing my song for you~サヨナラの向こう側まで~」を披露し、会場は最高潮に盛り上がった。

 すべての演奏を終えて、客席に深々と頭を下げたMMEDの4人。松岡は「最高の作品になると思います。今日はありがとう!!」との言葉を残し、ステージを後にした。

◎リリース情報
「time」
2015/04/22 RELASE
<CD+DVD>AVCD-83222 1,800円(tax out.)
<CD ONLY>AVCD-83223 1,000円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

松岡充 MMED 2ndシングル記念イベントレポート、『仮面ライダー4号』主題歌を初披露
仮面ライダーの歴史を塗り替える“仮面ライダー4号”松岡充に決定
『仮面ライダードライブ』主題歌リリース記念イベント開催決定!松岡充も脳細胞がトップギアに?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP