ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海老フライてんこもり! かつやの人気メニューが期間限定復活!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

とんかつ専門店かつやで人気を博していたメニュー『海老フライ丼』が4月24日、期間限定復活。今年12月にリプレイスしたばかりの新橋店にて、ひと足お先に試食してきました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/930570

期間限定復活! 衣サクサク海老フライがてんこ盛り『海老フライ丼』

『海老フライ丼』は、かつてかつやの定番メニューであった一品。ところが2013年より、海老の供給量不足のため、惜しまれつつもメニューから消え去ってしまっていました。そんな『海老フライ丼』が待望の復活! 2015年第4弾の期間限定商品として約1ヶ月の間、提供されることになりました。

たいていのお店では、海老フライがメインとなっているメニューでも、海老フライは2本程度が一般的ですよね。ところがこちらの『海老フライ丼』にはたっぷり5本も海老フライがのっかっております。これが600円ほどで食べられるとは、海老フライ好きには、なんという幸せ……!

ひとつひとつ、お店の人の手でパン粉をつけて丁寧に調理されたエビフライは、衣サックサク、海老プリップリ。5本は多すぎるんじゃないかとも思いましたが、さっぱりレタスの千切りとマヨネーズが添えられて、飽きずにペロリと平らげることができました。

ちなみに今回お邪魔した新橋店と、松戸二十世紀が丘店、横浜市沢町店の3店では、現在『鉄板焼きカツ』という新メニューも先行提供中。ステーキでよく使われているようなアツアツの鉄板にかつや自慢のとんかつがのせられ、ソースではなく特製醤油だれがジュウジュウ音を立てて弾ける一品だそうですよ。

そして、リプレイスしたばかりのかつや新橋店はとても広々としており、テーブル席も十分にあって、女性でも利用しやすい印象の店舗でした。新メニューと合わせて、かつやの楽しみ方が広がりまくりですね。

製品概要

海老フライ丼
販売価格:590円(税込637円)
販売期間:4月24日(金)~1ヶ月程度
販売店舗:国内のとんかつ専門店「かつや」
販売時間:各店舗の営業時間

公式サイト

http://www.arclandservice.co.jp/katsuya/[リンク]

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP