体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロメスパって何? 噂の『チャースパ』を食す! @南林間 マルス

foodpic6028390

さて、今回は神奈川県の南林間にあるロメスパ『スパゲティ マルス』を紹介してみましょう。東京都内では微妙にロメスパも増えて来ましたが、まだまだ局地的に流行っているレベルで、未だにロメスパ未経験の人も少なくないと思います。

ロメスパとはなんぞや?

その前に「ロメスパ」なる言葉の意味から説明しておきましょう。ずばり一言で言うと

「ロメスパとは路麺スパゲティの略である」

となります。そもそもが「路麺」ってなんだよって話ですよね。麺とスパゲティが被ってますし… しかし、すでにコレで定着してしまったので仕方ありません。ちなみに、どの店(ロメスパ)も基本的には

「立ち食い蕎麦のようなファーストフード」

「極太のスパゲッティは茹で置き」

「基本的に大盛り、応用的に特盛」

を売りにしています。安くてボリュームがあって、美味しいので若い男性に人気があるようです。

marusu-3_R

ランチがお得な『スパゲティ マルス』

そんなロメスパの店、南林間の『スパゲティ マルス』は日替わりのランチだと450円から食べられます。
普通のレギュラーメニューに比べると、少しパスタの量は控えめ(約300グラム)ですが、それでも十分なボリュームがあります。

ちなみにレギュラーメニューは茹で上がりで「約400グラム」ほどあります。さらに券売機で「大盛り」を100円で購入すると「約600グラム」にパワーアップします。

他にもセルフサービスで「スープ」が飲み放題なのも『スパゲティ マルス』の特徴です。まあ、流石に無料と言っても、それほど大量に飲める訳じゃないのですが、嬉しいサービスである事は間違いありません。

foodpic6028387

『スパゲティ マルス』の『チャースパ』を食す!

ロメスパ的には『ナポリタン』が王道なのですが、今回はチョット気になる『チャースパ』をオーダーしてみました。
店内に貼られている「レギュラーメニュー販売数ランキング」でも第二位と人気がある『チャースパ』の実力、試さない訳にはいきません。

ちなみに、言うまでもありませんが『チャースパ』の「チャー」はチャーシューのチャーで御座います。

ロメスパと言うジャンルは比較的、メニューの自由度が高いので従来のイタリア料理から離れて、より日本人の好みに特化したスパゲティが楽しめるのも面白いところです。

marusu-4_R

カウンター席から調理している様子が見えるのですが、とりあえず大量のスパゲティを鉄のフライパンでガンガン振って炒めています。

店主が一人で切り盛りしていて、調理は一度に2人前、すなわち2つのコンロで2個のフライパンを使って調理しているようです。

「しかし… フライパンがボコボコだなw」

かなり年期が入っているのか、酷使されまくっているのか分かりませんが、鉄製の大きなフライパンは変形しています。あそこまで使い込むのは大変でしょう。今までに、一体何トンのスパゲティを炒めたのでしょうか?

「お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」

恐らく、そんな答えが返ってくるに違いありません。途方もない量のスパゲティを一人で延々と作り続けるのですから頭が下がります。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会