体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TV Review:LOVE PSYCHEDELICO『SONGS』 とかく強調された“ビートルズからの影響”への違和感

エンタメ
TV Review:LOVE PSYCHEDELICO『SONGS』 とかく強調された“ビートルズからの影響”への違和感

 今年デビュー15周年を迎えたロック・バンド、LOVE PSYCHEDELICOの特集が、NHKの人気音楽番組『SONGS』にて4月18日に放映された。

 『SONGS』は毎回ひと組のアーティストやバンドを取り上げ、そのキャリアをVTRで振り返りつつ、現役アーティストの場合はスタジオライブの映像などを織り交ぜながら放映する音楽番組(内容により過去のライブ映像が使用されるこも)。寺尾聰を特集した2007年の特番を経て、帯番組に昇格し、第1回の竹内まりや特集(2007年4月11日放送)以来、実に8年間ものあいだ放映を続けている。現在は毎週土曜日23:30~の番組枠にて基本的には毎週放映中で、今回のLOVE PSYCHEDELICO回は同番組の第336回となる。

 番組で取り上げられるアーティストは現役のアーティストに限らず、国の邦洋も限らない。2014年にはテイラー・スウィフトと仲里依紗の対談も同番組内で放送されており、また、回によっては「卒業ソングSP」「オールタイムリクエスト」などの企画も放送している。番組は2015年現在、“大人の心を震わせる新しい音楽番組”を標榜しているが、そのテイラー・スウィフトの起用にも表れているように、若者支持が高いアーティストもたびたび特集しており、出演者のラインナップに関しては柔軟だ。LOVE PSYCHEDELICOはその中でも、どちらかと言えば若手でロック・バンド寄りのアクトになる。

<当日の番組構成は定石通り、スタジオライブとVTRの2本立て>

 さて、先にも書いたとおり、アーティストのキャリアの振り返りVTRとスタジオライブの2本柱で進行すること多い『SONGS』だが、今回のLOVE PSYCHEDELICO特集もまさにその構成。スタジオライブでは、番組冒頭に彼らのデビュー曲「LADY MADONNA ~憂鬱なるスパイダー~」(2000年)が演奏され、「Last Smile」(2000年)、「Freedom」(2007年)、「Good times, bad times」(2014年)の計4曲が番組中で演奏された。演奏にはメンバーのKUMIとNAOKIのほか、彼らのライブのサポートもつとめる堀江博久(key)、高桑圭(b)、白根賢一(dr)、権藤知彦(ユーフォニアムなど)が参加した。

 一方、その演奏の合間に流れる振り返りパートでは、(a)青山学院大学の音楽サークルで知り合ったというKUMIとNAOKIの当時のエピソードや、2015年現在の彼らが2人でその母校に向かい出身サークルの後輩らとビートルズの「ヘイ・ジュード」を演奏する“学生時代~デビュー期パート”、(b)2005年前後、同ユニットでやれることはやり切ったと感じ、一種のスランプに陥ったことを語る“スランプ期パート”、(c)その後、オノ・ヨーコのアドバイスがきっかけとなり、自身のスタジオ<ゴールデン・グレープフルーツ・レコーディング・スタジオ>を設立、当時、約3年ぶりの新作となったアルバム『GOLDEN GRAPEFRUIT』(2007年)を完成させたことなどが語られる“復活期パート”が流れるという、大きく3つのパートから番組が進行した。その落ち着いた筆致で描かれるバンドの物語は、確かに“大人の音楽番組”というコンセプトに相応しく、この番組で初めて彼らを知った初心者へのイントロダクションとしても十分に機能したものと思われる。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会