ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第1位は海上自衛隊の歌姫・三宅由佳莉の2ndアルバム『希望』6週連続のチャートインを記録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albums第1位は、海上自衛隊東京音楽隊3等海曹 三宅由佳莉によるセカンド・アルバム『希望 Songs for Tomorrow』。今週で6週連続のチャートインとなった。ファーストアルバム『祈り 未来への歌声』も12位に同時チャートインし、今回で61回目を数えた。4月14日のTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」では三宅由佳莉がゲストに登場。トークだけでなくスタジオでの生演奏も披露。5月のコンサートを控え、まだまだ引き続きチャートを賑わせてくれそうだ。

 2位には名匠・清水靖晃率いるサキソフォネッツによる、ゴルトベルク変奏曲の全曲録音盤が初登場でチャートイン。2010年、5本のサキソフォンと4本のコントラバスという斬新な編成で紡がれた、清水靖晃によるバッハ「ゴルトベルク変奏曲」初演は大きな反響を聴衆に与え、ついに満を持してのリリースとなった。4月より第一三共「トランシーノホワイトC」(麻生久美子出演)CMとタイアップ。4月16日にはミュージックバードのラジオ番組にゲスト出演し、オーディオ評論家、鈴木裕氏とともにアルバムの制作、録音について対談を行った。5月24日には東京オペラシティでの公演が予定されている。

 3位には現在来日中のチョン・キョンファによる、シベリウス、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲盤が2週連続でチャートイン。フランス国立視聴覚研究所提供による良好なマスターを使用した、集中力と緊迫感の伝わる貴重な音源だ。フォーレ、グリーグ、ベートーヴェンをひっさげて行われているキョンファのヴァイオリン・リサイタルは東京・名古屋・大阪と全国3か所で行われる。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

4月27日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
新進気鋭の指揮者・原田慶太楼が、シンシナティ響のアソシエイトコンダクターに就任
ウィーン少年合唱団が来日プログラムを発表、今年はファレルの「ハッピー」に挑戦

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP