ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ「dビデオ」のAndroidアプリを「dTV」にリニューアル、ザッピングUIを導入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモが本日 4 月 22 日に月定額制の動画サービス「d ビデオ」を「dTV」にリニューアルしました。以前より「d ビデオ」の下で提供中の WEB サイトやモバイルアプリも同時に dTV 仕様にアップデートされています。Android ユーザーとしてはアプリのリニューアルに注目しています。新生 dTV アプリには「ザッピング UI」が導入されており、アプリを起動するとすぐに予告編などの映像が再生されるほか、コンテンツがジャンル別のチャンネルに変わり、スワイプ操作だけでジャンル表示を切り替えられるようになりました。気分しだいでチャンネルを切り替えながらコンテンツを選択できるようになっています。dTV のチャンネルは、洋画、邦画、アニメ、海外ドラマ、国内ドラマ、韓流・華流、キッズ、教養・バラエティ、BeeTV、音楽、ショートショート、新作レンタルで提供されます。アプリにはこのほか、「あなたへのオススメ」、「クリップ(お気に入りや視聴履歴)」、「レンタル」のタブも表示されています。また、dTV アプリではコンテンツページで映像が再生されるようになっており、さらに、画面右下のボタンで即座にミュートすることも可能になりました。「dTV」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Android Wearのコンパニオンアプリがv1.1にアップデート、Wi-Fi機能のON / OFFオプションやカレンダー設定機能などが追加
GoogleのMVNOサービスが早ければ4月22日に開始されるとの報道
米Sony、Google Cast for Audioに対応したサウンドバーを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP