ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

品川駅で「アイデアバナナ」が貰えるぞ! 業務改善に役立つ「格言」付き

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京・JR品川駅の港南口で21日朝、「バナナ」が配られていた。バナナは丁寧にラッピングされていて、貼ってあるシールには何やら「格言」のようなものが記載されている。

「目の前のものを疑うことから、アイデアは生まれる」
「真の仕事というものは、世の既成概念を破るということだ」


バナナ1500本用意も、1時間足らずでなくなる

このバナナは、2011年にリリースされたサイボウズ社の業務アプリクラウドサービス「kintone(キントーン)」が配布している。kintoneは、プログラミングの知識がなくとも、業務にまつわる様々なデータをクラウドアプリ化できるシステム。でも、なぜ「バナナ配布」なのだろうか?

「業務改善をするには、アイデアが必要。でもアイデアを生み出すには、エネルギーが必要です。エネルギーといえばバナナ。kintoneロゴの色も黄色なので、これはバナナだ、と配布を決めました」(サイボウズ広報)

21日朝は7時半から、1500本のバナナを用意したそうだ。しかし「想定以上の盛況」ぶりで、開始10分で300本がなくなってしまった。中には並んでまでバナナをもらう会社員もおり、約1時間で当日分はなくなってしまったという。

「最初は驚いていた人も多かったですが、バナナ配布を『面白い』『もらえて嬉しい』と思っていただけたようです。中には格言を読んで『なるほどと思った』という人も。業務改善のアイデアを生むきっかけになれば嬉しいです」(同)

「アイデアバナナ」は22日、23日にも、朝7時半から品川駅港南口で1500本が配布されるという。ツイッターなどでも「バナナもらいました!」「朝バナナw」など、概ね好評のようだ。

あわせてよみたい:上司の「前に言ったよね?」にブチキレる新人たち


 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP