体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Interview】個々の味覚に合ったレストランを紹介するアプリ「SARAH」が新鮮

デジタル・IT
sarah_1

インターネットで、1、2を争うほど高い頻度で検索されるのが、グルメに関する情報。最近ではこのジャンルに多くのスタートアップ企業が参入し、ここに来て新たな局面を迎えている。

中でも注目株は、グルメスナップアプリ「SARAH」だ。独自のアルゴリズムでユーザーの味覚を数値化し、一人ひとりにマッチしたメニューを割り出すという、これまでにない機能に期待がかかる。

提供元は、本サービスを機に立ち上げられたSARAH。代表取締役兼CEOの高橋 洋太(たかはし ようた)氏は、既存のサービスに対する不満から、アプリの開発を決意した。

・味覚を学ぶ独自のレコメンドエンジン

Q1:「SARAH」提供のきっかけについて、お聞かせください。

sarah_2

(既存のグルメサービスに)不満が2点、あったことがきっかけです。

まず、食べたいメニュー単位で、既存のグルメサイトやgoogleを使ってレストランを検索しても、見つからなかったこと。また、レストランは決まったが、既存サイトでは何を頼むのがベストなのか、まったくわかりませんでした。

もう一つは、既存のグルメサイトのレビュー(点数)を参考にレストラン選びをする際、点数が高くてもまずかったり、低くても美味しいと思うことが、多くあったためです。

これらを解決するために、店舗ではなくメニューに対してレビューをするサービスと、一人ひとりの好み(味覚)に合わせたランキングを、作りたいと思いました。

Q2:「SARAH」とは、どんなアプリなのでしょうか。

sarah_3

特徴はまず、グルメスナップアプリであること。

写真をメインに、スナップ感覚でレストランの料理をシェアできる他、フォロー、タイムライン、LIKE(Facebookでいうイイネ!)、CLIP(食べたいものを管理できる)などの機能があり、自分が投稿したグルメスナップに対する、他のユーザーからの反響を楽しめます。

二点目は、味覚を学習するレコメンドエンジンを搭載していることです。メニューに基本の味覚データをつけておき、メニューに対してレビューをしたり、「LIKE」「CLIP」してもらうことで、ユーザーの味覚を分析します。また、エリア名などで検索した際、検索結果に表示するランキングを、一人ひとりの好みに合わせて変えています。

さらに、スペアリブ、カルボナーラ、シチュー、担々麺など、メニュー単位でレストランを探すことも可能です。

・web版は予想以上の反響

Q3:先行リリースしたweb(β版)の反響は、いかがですか?

sarah_4

一番おほめいただいたのは、デザインです。「このデザインなら投稿したくなる!」と言われたときは、うれしかったですね。

1 2次のページ
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会