体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京の夜の7時に野宮真貴登場! “お笑い×音楽”の商店街バンドがコットンクラブでディナーショー開催

DSC00931

商店街バンドという名前のバンドをご存知だろうか。結成から7年が経過しているこのバンドは、知る人ぞ知るバンドなのである。というのも、JUDY AND MARYのギタリストであったTAKUYAさんの誕生日を祝う余興のために結成されたバンド。一般人に知られていないのも無理はない。
昨年の12月から、お客さんの前でライブ活動を開始した商店街バンド。本物のミュージシャンによる演奏に笑いを融合させた、“音楽”דお笑い”の新感覚なコミックバンドといえるだろう。

DSC05272

バンドメンバーは、TAKUYAさんをはじめ、ギターには元REBECCAの友森昭一さん、ベースはthe Vanila,the wellsの坂巻晋さん、ドラムは元JUDY AND MARYの五十嵐公太さん、キーボードにnishi-kenさん、そして芸人のアメリカザリガニの2人が進行役を務める実力派バンドだ。ライブではそれぞれがニートやフリーター、パン屋さんなど商店街に暮らす人々という設定で送るミュージカルのようなステージが繰り広げられている。
今回は市町設定のアメリカザリガニ柳原さんを応援するために集まった“政治資金パーティ”という風なディナーショー形式で行なわれた。会場となったのは東京・丸の内コットンクラブ。本物のジャズアーティストが使用する由緒正しい会場に、コットンクラブ史上初となるコミックバンドが登場、豪華ゲストも続々出演する贅沢なひとときを過ごした。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/923804

豪華ゲストが続々登場! 笑いと音楽が融合した商店街バンド

DSC05438

ライブは、商店街バンドによるライブ演奏からスタート。続いて柳原市町による挨拶などが行われるなど、政治資金パーティの気分が盛り上がっていく。演奏する楽曲も、『アナと雪の女王』から「ありのままで」や『北斗の拳』『クレヨンしんちゃん』などの人気アニメソングから、「函館の女」「ウルトラソウル」など、新旧問わず名曲が続々。

DSC00975 DSC05350

ゲストのミッツ・マングローブさんが登場し「十戒」、「愚か者」を披露。さらにサカモト教授さんによる8bit感溢れるゲーム音楽メドレーではお客さんの世代を直撃する懐かしのゲーム音楽が続々と演奏されていった。時計が19時を回ろうかというところで野宮真貴さんが登場。夜7時ちょうどから「東京は夜の七時」を聴かせるという粋な演出に、お客さんも拍手喝采。この日、丸の内コットンクラブでは東京で一番贅沢な“夜の七時”を迎えた。

DSC05617
1 2次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。