ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新人は仕事を振られたら、嬉しそうに返事すべき理由 教える側が「教えたくなるヤツ」になれ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新入社員が配属されて、2週間ほど経ったころです。右も左もわからず、先輩たちに教えてもらうことばかりだと思います。どういう人に教えてもらうかということも大切ですが、何より新人自身の態度も大切だと思います。

私がワタミに入社して3年目くらいの頃、ある店に異動になりました。店にはアルバイトの男子大学生のB君がいました。店で働き始めてから半年ほど。最初の印象は「本当に半年もやってるのかな」と疑問に思うくらい、仕事の覚えの遅い子でした。

シフトは週に3日ほど、1日6時間ほどの勤務で経験は十分にあるはずですが、それにしては初歩の段階だな、と不安に思っていました。
コミュニケーションの姿勢が「仕事のスキル」の差に

そんなある日、彼と同じ年齢の男性K君が、新しくアルバイトとして入ってきました。彼は物覚えもよく、私たちが教えたことをどんどん吸収していきます。そして1か月も経たないうちに、仕事のレベルでB君を追い越したのです。

この差は、どこでついたのでしょうか。初めは「仕事を覚える能力」の個人差だと思っていましたが、2人を見ていると別の部分の違いに気が付きました。もっとも大きな違いは「仕事を振られたときの態度」でした。

B君に仕事を振ると、「えっ? これもやるんですか。はぁ…分かりました」とやらされ感が強く、頼んだ方が不快になる態度を取ることが多いのです。私もだんだん話すのが億劫になり、仕事を頼んだり、新しいことを教えたりすることも減っていきました。

一方でK君は「これやっといて」「あれも頼むよ」と言ったとき、嫌な顔一つせず「はい、分かりました!」と元気に返事をします。そうすると見ていても気持ちがいいので、教える側が教えたくなるのです。

つまり、仕事を覚える能力というよりも、先輩とのコミュニケーションの姿勢の違いが、身につく仕事のスキルの差となって表れてくるということです。ひとりでコツコツやる仕事ならともかく、他人から教わったり、チームでやる仕事においては、大事な心がけだといえるでしょう。
将来の昇格や配属にも大きな影響を与える

B君のように教えても反応が悪いと、「彼に言っても仕方ないな。じゃあ同じことをK君に頼もう」と周りに思われてしまいます。B君には仕事の情報が入ってこなくなり、結果として孤立し「B君は仕事ができない」という立ち位置になってしまうのです。

こういう言い方をすると、「K君はこき使われているだけじゃないか」と思う人もいると思います。特にアルバイトは、同じ時給で働いているのですから、仕事はなるべくしない方が儲かるのかもしれませんが(笑)。

しかし、これが社員ということになると、その差は将来の昇格や収入にも大きく関わってきます。学歴などの制約を越えて、自分が希望する職種につきやすくなるかもしれません。いくら自分が望んでも、配属を決めるのは先輩や上司の評価なのですから。

キャリコネさんの記事の中にも「仕事のない窓際族がうらやましい」といった意見もありますが、できることを増やしておけば、結果的に将来の安定はより確実になります。

新人のうちは、誰もが同じスタートラインですから「ミスが許される新人のうちに、少しでも多くのことを教えてもらい、チャレンジすること」が大事です。仮にミスをしても「まぁ仕方ない。次は頑張れよ」となりやすいですからね。

あわせて読みたい:上司に媚びるのは出世への近道?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP