ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

18日のライヴは絶対に観た方がいい! エイドリアン・シャーウッドとにせんねんもんだいのレコーディングに潜入!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

うわ、すごいもの観ちゃったよ! なにがって? エイドリアン・シャーウッドとにせんねんもんだいのレコーディング・セッションですよ。いまさっきまで行われていたセッションにわたくし、潜入いたしまして。衝撃体験から、ただいま戻ってまいりました。

端的に言いましょう、5月18日(土)に代官山UNIT行われるせんねんもんだいのエイドリアン・シャーウッドによるライヴ・ダブ・ミックスは必ず観るべきです。後悔しますよ!(ちなみに深夜のクラブ・イベントではなく、夕方〜夜のライヴ・イベントですよ!)

わたくし興奮のあまり、そして18日のライヴを見逃さないための警笛としてここに簡単に記させていただきます。

Red Bullが世界中で運営するプロ仕様のレコーディング・スタジオ〈Red Bull Studios Tokyo〉にて、2日間にわたって行われ、先ほど終了したエイドリアン・シャーウッドとにせんねんもんだいのレコーディング・セッション。このセッションを少々覗かせてもらったんですが、これがすごかった。

ニュー・エイジ・ステッパーズにダブ・シンジケート、そしてザ・スリッツやプライマル・スクリームなどを手がけてきた、あの”手”がにせんねんもんだいを手がけるというだけで、なんとなく「こんな音かな」と想像していたんですが、さらっと超えていきましたね~。ええ。

言ってしまえば、ふと気づくとテクノで踊っているようで、しかしオルタナでもクラウト・ロックでもあるようなバンドの躍動、しかしやはり総体はベース・ミュージックでもインダストリアルでもあって、もちろん暗闇でサウンドシステムを揺らすダブでもあって、いやしかし、そのどれでもない音。ミニマルなにせんねんもんだいのビートになだれ込む、ギリギリと不穏な音を奏でるギター、エコーと電子ノイズ、そしてゴツゴツを低音をならすベース。

本セッションにて、わたくしが目撃したレコーディング以外に、昨日のセッション、そして今回のマテリアルを持ってエイドリアンがさらなるダブ・ミックスを本国で行うみたいなんですが(作品化は現在のところ未定)、今回目撃したものでも、18日のライヴのヒントになるような作業もありました(ちなみにこのセッションの詳細は時がきたらお伝えすることができるようになるのではないかと!)。

エイドリアン曰く「スタジオのレコーディング・マジックはライヴとはまた別のもの」とのことですが……例えば、にせんねんもんだいとの生ダブ・セッションし、レコーディングした音源のプレイバック、またはレコーディングした素材をプレイバック中にその感触を確かめるために”アタリ”とも言えるダブ・ミックスをした作業を見学、幸運なことにその音を聴くことに成功したわけです。これがすごいのなんの。ライヴとは”別のもの”といっても、2アーティストの出す音の、これは期待せずにはいられないかっこよさ。そしてライヴ・ミックスに定評のあるエイドリアンですから、そりゃ本番はねぇ……。

4月18日(土)18時から行われる、代官山ユニットのイベントで、そのライヴ・ダブ・ミックスを絶対見逃さない方がいいです!
(河村)

公演概要
ADRIAN SHERWOOD”AT THE CONTROLS” X 3
4月18日(土) @ 代官山 UNIT
Open / Start 18:00 Ticket : 前売 ¥4,500 当日 ¥5,000
MIX 1
’79 ~ ’89 クラシック DJ Set !
MIX 2
対決!Nisennenmondai 生DUBミックス!
MIX 3
マルチ・トラック最新セット!
and more

地方公演
ADRIAN SHERWOOD “AT THE CONTROLS”
OSAKA
4/16(Thu) @ CONPASS
more info: www.conpass.jp

NAGOYA
4/17(Fri) @ CLUB MAGO
more info: club-mago.co.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP