体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SCANDAL、ワールドツアーに続いて初の東名阪アリーナツアー開催を発表

SCANDALが最新アルバム『HELLO WORLD』を引っ提げ、2015年1月からスタートしているワールドツアーの4月12日(日)東京・国際フォーラム公演にて、ファン5000人の前で次なるステージへの重大発表をした。

4月12日(日)@東京・国際フォーラム (okmusic UP's)

4月19日(日)の沖縄公演を残し、今月4月25日(土)のフランス・パリ公演(Le Bataclan)を皮切りにいよいよ8カ国10都市で約1万5000人動員の海外公演がスタートする。台湾公演は発売開始わずか5分でチケットがソールドアウトするなど、海外各地での注目を集めているなか、この日4月12日(日)は今回のワールドツアー最大規模となる東京・国際フォーラム公演2DAYSの最終日。会場には午前中から既に多くのファンが押し寄せた。会場に入るなり、まさに2015年1月から始まったワールドツアー(国内公演)で世界各国を周るSCANDALのツアーイメージにぴったりの世界観が随所に反映されたツアーセットがお出迎え。巨大移動型LIVE PUB”HELLO WORLD”と銘打ち、アマチュア時代のThe Beatlesがライブをしていたことでも有名なリバプールのThe Cavern clubを思わせる作りとなっており、向かって右手にはバーカウンターに楽器スタッフ扮するマスターも常駐。左手にはTOMOMI(Ba.&Vo.)お気に入りのソファスペースが設けられている。

開演時間になると、マスターのかけるレコードをきっかけにSCANDALが登場。同時に会場からは待ちわびたファンから大歓声が巻き起こる。ライブは「HELLO~! 東京~!」というHARUNA(Vo.&Gt.)の掛け声とともにニューアルバム収録曲「love in action」からスタート。2曲目には、中田ヤスタカ氏プロデュース楽曲「OVER DRIVE」とポップで楽しい楽曲を立て続けに披露。軽快な滑り出しで一気に会場の空気を作る。

3曲目は打って変わり、海外での活動が注目されメジャーデビューに至った自身の思い入れ深いデビュー曲「DOLL」でSCANDALらしいロックなナンバーを披露。お決まりスタイルのタオル回しも健在で会場は大いに揺れる。「もっと声聞かせて! Are you ready?! 今日は集まってくれたみんなで最高の夜にしようね~!」とこちらもHARUNAお決まりのMCを挟み、定番曲「瞬間センチメンタル」「SCANDAL BABY」とパワーあふれるナンバーを立て続けに披露。一気に会場を最高潮へと押し上げていく。

その後も勢いは止まらず、ニューアルバムから疾走感溢れるロックなナンバー「お願いナビゲーション」を披露。シックに歌う「下弦の月」を挟み、MCへ。メンバー紹介をすると「まだアルバムからは2曲しかやってないよね、なのでこれからアルバムの曲をたっぷりやっていきます!」というHARUNAのMCの通り、ここからはアルバムから「Graduation」(HARUNA作詩・作曲)、「本を読む」(MAMI作詩・作曲)、「缶ビール」(TOMOMI)、「おやすみ」(RINA作詩・作曲・歌唱)と、メンバーそれぞれの個性溢れる楽曲をそれぞれの歌声で披露。「おやすみ」では通常ドラムを演奏しているRINA(Dr.&Vo.)がこの曲のために特別に練習したギターを演奏するためステージ中央へ。打ち込みのリズムと、バンドメンバー4人が横一列に並んで演奏するという4人の才能が際立つSCANDALにしか出来ない光景に会場からは歓声があがった。

その後、ギター演奏を終えたRINAがバーカウンターに腰かけ、「マスターいつもの、…ウーロン茶ロック!」、ソファに腰掛けたTOMOMI(Ba.&Vo.)も「水のお湯割り、…白湯やな!梅干しちょうだい!」とお酒を飲めないふたりのメンバーが会場の笑いを誘うシーンも。今回のツアーMCでは、携帯ファンサイト「CLUB SCANDAL」で国内ご当地トリビアを募集し紹介するという連動企画があり、この日の東京では”世界に広めたいご当地トリビア傑作集”と題し、これまで発表した29公演のトリビアの中からメンバーの心に残っているものを改めて抜粋して紹介。各地の小学校のあいさつの違いや、”靴下に穴があいていること”の呼び方の地域差、岩手公演で紹介された「岩手県ではかっぱ捕獲許可証の取得が可能」というトリビアを改めて紹介。なんとRINAが岩手公演後、捕獲許可証を取得したというアフターストーリーを紹介しさらに会場を沸かせた。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。