ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デカいが旨い! 圧倒的なボリュームの「鶏の唐揚げ」を食す! @八王子『大進亭』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回は東京都の八王子にあるデカ盛りな店『大進亭』を紹介してみましょう。ちなみに筆者は『長岡屋』と『大進亭』の存在を『銀河英雄伝説』に例えて

「八王子の双璧」

と呼んでいます。この2店を制圧しなければ、八王子を制したとは言えないのです。

そんな『大進亭』の一番人気のメニューはやはり『鶏の唐揚げ定食』でしょう。ゲンコツくらいある大きさの唐揚げが5~6個、御飯は大盛りにすると「マンガ盛り」と呼ばれる盛り具合になります。

意外と若い人にも人気の『大進亭』

実は何気に地元の若い人達の「憩いの場」としても機能しているようで、『Twitter』で検索してみるとやたら楽しそうな感じです。
確かに、マックでだべる感覚で『大進亭』でグダグダするのも面白そうですね。大人数ならシェア出来るので、色々なメニューも楽しめる事でしょう。

そして、何気に八王子出身であるB21スペシャルのヒロミ氏がツイッターの写真にw

ちなみに他はガテン系の人達やタクシー運転手や、営業で外回りをしている人が多いようです。なので駐車場はトラックやハイエースが多く駐車してあります。

確かに『大進亭』ならガッツリ食べられるので、働く人にとっては最適な昼食と言えるかもしれません。

セットメニューがお得な『大進亭』

そして、さんざん「大進亭に行ったら鶏の唐揚げ定食!」と言っておきながら、筆者が選んだメニューはセットメニューのA、すなわち

『鶏の唐揚げ定食&小ラーメン』(1030円)

で御座います。『鶏の唐揚げ定食』(830円)で御飯大盛りと言う選択肢も良いのですが、どうせならラーメンも食べたいのでココは迷わずAセットです。

とにかくデカい! 唐揚げがデカい!!

そしてAセットの降臨。噂には聞いていましたが、本当に『鶏の唐揚げ』が大きいですね。でも、さすがに「握り拳の大きさ」というのは大袈裟です。せいぜい子供の拳くらいの大きさでしょう。

ちょっと写真だと大きさが分かりにくいのですが、同じ皿に乗っているレモンの大きさを見て判断して下さい。

「レモンくらいの大きさの唐揚げである」

…と、いうのは、理解して頂けると思います。この大きさで6個もあれば、とりあえず「デカ盛り」と呼んでも問題ないでしょう。
筆者的な感覚では相模原の『とんかつ赤城』や、国立の『ひなたかなた』よりもボリュームがあると思いました。

まずは麺類から攻めるべし!

アツアツの唐揚げにかぶりつきたい衝動に駆られますが、ココはセオリー通りに麺類、すなわち『小ラーメン』から食べるのがベストです。麺類は時間が経つと伸びちゃいますからね。

そして、麺を食べたらスープは残しておく。コレが重要です。デカ盛りの世界では

「液体(スープ類)は最後の手段!」

が常識です。後半、しんどくなった時のアイテムとして温存、さらに全てを食べるのが不可能な場合、

「ラーメンのスープは残しても仕方ない」

みたいな逃げ道の確保です。どんだけ弱気なのかと言う話ですが、そこまで計算して万全の体制で挑むのが、食べる側のモラルです。
無論、ラーメンのスープも飲んだ方がお行儀は良いのですが、やはり塩分とか血圧を考慮すると、半分くらい残す場合もあるでしょう。

ちなみに、ラーメンは思ったよりも美味しいです。思ったよりもと言う表現も失礼ですが、中華料理屋さんの半ラーメンに、そこまで求めないのが普通かと思われます。
なのに『大進亭』の小ラーメンにはチャーシューも入っていて、十分に「ラーメンを食べた」と言う満足感が得られます。

これなら、普通にラーメンを食べに来るのも有りですね。特にチャーシューは柔らかく美味しかったので、チャーシュー麺とか気になるかもです。

いよいよ『鶏の唐揚げ』を食す!!

小ラーメンの麺を食べて、軽くウォームアップを済ませたら本題に入ります。いよいよ、待ちに待った『大進亭の鶏の唐揚げ』に挑みましょう。

まず、全体を見回してペース配分を考えます。大きな唐揚げ6個、カットレモン1切れ、マヨネーズ少々、レタス1枚…

ちなみに、何も考えずに「デカ盛り系メニュー」に挑むのは無謀です。一見、ただの大食いに見えますが、みんなそれぞれ自分の得手不得手を把握し、作戦を考えているのです。

「大食いは簡単なようで難しい」

極めようと思ったら、かなり過酷な世界かと思われます。簡単そうにペロっと食べているように見えますが、普段からかなりの修行を積まないと無理です。

と、言う訳で作戦もバッチリ、完食するビジョンも見えたので食べ進める事にします。

まず、見た目よりも衣はサクっとしていて、かなり油の切れは良いですね。筆者はわりと油系は得意ですが、この唐揚げなら誰でも美味しく食べられると思います。

結構、スパイスも効いているので、特に調味料は必要としません。もっと醤油系な味付けかと思っていたので意外でした。

そして肝心の肉、つまり「鶏の腿肉」ですが柔らかくてコクもあります。『大進亭』の唐揚げはジューシーで大きく、とても一口では食べられないので注意して下さい。アツアツの肉汁が飛び散る可能性があります。

しかし… 重いなw

3個目までは快調に食べ進めるのですが、ココで一回目の「壁」に当たります。恐らく、食が細い方だと3個目、ないし4個目で仕上がってしまうんじゃないでしょうか?

たかが「唐揚げ6個」と思われるでしょうが、恐らく『大進亭』で唐揚げを食べた事がある人は、みんな同じ考えでしょう。

「『大進亭』の唐揚げは4個目からが本番だ」

3個目までは誰でも食べられるけど、そこから先にドーンと来るのが『大進亭』の唐揚げなのです……。

後半は「味変アイテム」を駆使せよ!

このようになる事は初めから予想していたので、ココでワンクッション入れます。付属の癒しアイテム「おしんこ」と御飯で、一度「唐揚げ」のビジョンを消し去ります。
さらにラーメンのスープと「しなちく」で休憩し、味覚をリセットしましょう。やはり揚げ物の連続は重いですからね。

そして、必殺のカットレモンで味に変化を加えます。

おお! 再び『大進亭』の唐揚げが輝いて来た!(気がする…)

ちょっとサッパリしつつも、1個の唐揚げをやっつけました。次もイケそうですが、ぶっちゃけ筆者は「唐揚げにレモンは合わない」を信条に生きているんで無しの方向でお願いします。

いや、確かにサッパリするような気はするけど、レモンの個性が強すぎると思うんですよね…

なので、残りは潔く「マヨネーズ」で食べる事にします。「油に脂ってどうなの?」って話ですが、筆者はレモンの酸味でうんちゃら言うくらいなら、黙ってマヨネーズの酸味で食べる派なので、ココは華麗にマヨネーズでフィニッシュを迎えます。

そしてレタスを食べて、残りのスープを飲み干してエンディングです。

いや~、結構辛いかと思ったてたけど、胃袋の容量的には余裕があるような?
まあ、前日から体調を仕上げているのと、朝食抜きってのが大きいとは思いますが、胃もたれ感もなく適度な満足感が得られ、文句無しのランチでした。

『大進亭』Aセット 総評

なんだかんだ言いながらも、最後まで美味しく『鶏の唐揚げ』を堪能出来ました。これは『大進亭』の唐揚げのレベルが高かったからでしょう。
油も新しい物を使い、肉を大きく切る事で火を通してもジューシーさが損なわれない。この味を出すには、やはり『大進亭』くらいの大きさで作らないと無理ですね。

まれに、カッチカチの衣をまとった油ギッシュな唐揚げもありますが、そんな唐揚げのデッカイ奴を6個も食べるのは、正直ゴメンです。

しかし、今回は最後まで味を楽しむ余裕もあったので良かったです。ボリューム的にもガテン系の体を動かす仕事の人なら、普通に食べられると思います。

まさに「働く人の定食屋さん」として、自信を持ってオススメ出来る店ですね。

それでは、みなさんも八王子の『大進亭』で『鶏の唐揚げ』を食べてみて下さい。この肉汁溢れる唐揚げを食べたら、他では満足出来なくなりますよ。

大進亭(だいしんてい)

住所    東京都 八王子市 大楽寺町184

営業時間  11:00~21:00

定休日   年中無休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP