体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デカいが旨い! 圧倒的なボリュームの「鶏の唐揚げ」を食す! @八王子『大進亭』

foodpic6000732

今回は東京都の八王子にあるデカ盛りな店『大進亭』を紹介してみましょう。ちなみに筆者は『長岡屋』と『大進亭』の存在を『銀河英雄伝説』に例えて

「八王子の双璧」

と呼んでいます。この2店を制圧しなければ、八王子を制したとは言えないのです。

そんな『大進亭』の一番人気のメニューはやはり『鶏の唐揚げ定食』でしょう。ゲンコツくらいある大きさの唐揚げが5~6個、御飯は大盛りにすると「マンガ盛り」と呼ばれる盛り具合になります。

daisin-kara2_R

意外と若い人にも人気の『大進亭』

実は何気に地元の若い人達の「憩いの場」としても機能しているようで、『Twitter』で検索してみるとやたら楽しそうな感じです。
確かに、マックでだべる感覚で『大進亭』でグダグダするのも面白そうですね。大人数ならシェア出来るので、色々なメニューも楽しめる事でしょう。

そして、何気に八王子出身であるB21スペシャルのヒロミ氏がツイッターの写真にw

ちなみに他はガテン系の人達やタクシー運転手や、営業で外回りをしている人が多いようです。なので駐車場はトラックやハイエースが多く駐車してあります。

確かに『大進亭』ならガッツリ食べられるので、働く人にとっては最適な昼食と言えるかもしれません。

foodpic6000739

セットメニューがお得な『大進亭』

そして、さんざん「大進亭に行ったら鶏の唐揚げ定食!」と言っておきながら、筆者が選んだメニューはセットメニューのA、すなわち

『鶏の唐揚げ定食&小ラーメン』(1030円)

で御座います。『鶏の唐揚げ定食』(830円)で御飯大盛りと言う選択肢も良いのですが、どうせならラーメンも食べたいのでココは迷わずAセットです。

foodpic6000729

とにかくデカい! 唐揚げがデカい!!

そしてAセットの降臨。噂には聞いていましたが、本当に『鶏の唐揚げ』が大きいですね。でも、さすがに「握り拳の大きさ」というのは大袈裟です。せいぜい子供の拳くらいの大きさでしょう。

ちょっと写真だと大きさが分かりにくいのですが、同じ皿に乗っているレモンの大きさを見て判断して下さい。

「レモンくらいの大きさの唐揚げである」

…と、いうのは、理解して頂けると思います。この大きさで6個もあれば、とりあえず「デカ盛り」と呼んでも問題ないでしょう。
筆者的な感覚では相模原の『とんかつ赤城』や、国立の『ひなたかなた』よりもボリュームがあると思いました。

foodpic6000734

まずは麺類から攻めるべし!

アツアツの唐揚げにかぶりつきたい衝動に駆られますが、ココはセオリー通りに麺類、すなわち『小ラーメン』から食べるのがベストです。麺類は時間が経つと伸びちゃいますからね。

そして、麺を食べたらスープは残しておく。コレが重要です。デカ盛りの世界では

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。