ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今週末のおすすめ東京イベント10選(4月10日~12日)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

~グルメ~

・第1回日本魚祭り SAKANA JAPAN(~4月15日)@東京タワー1回特設会場

全国各地の漁港から届いた産地直送の海の幸が思う存分味わえる、魚好きにはたまらないイベント。「特選ウニいくらホタテ丼」「超肉厚ぶり大根」などのがリーズナブルな価格で提供される。アルコールが半額になるハッピーアワーもあり。

http://isuta.jp/49811/

・世界のグルメ名酒博2015(~4月19日)@駒沢オリンピック公園

世界のグルメや民族音楽、ストリートダンスなどを楽しめるイベント。タイラーメンやドイツのソーセージ、世界のワイン食べ比べなど、バラエティ豊かなメニューが取り揃えられる。特に注目なのが、台湾発のデザート「スノーアイス」。本格流行前に新感覚の味わいを楽しんでみて。

https://www.gourmet-haku.jp/

・太陽のマルシェ(4月11、12日)@月島第二児童公園

月に一度開催される、日本最大規模の都市型マルシェ。旬の野菜やこだわりのオーガニック食品、グッズ、コスメなどが揃う、人気のイベントだ。4月のテーマは「春野菜でジャーサラダ♪」で、流行のジャーサラダにぴったりの野菜などが取り揃えられる。

http://timealive.jp/#Marche

・UNAGI PIE CAFÉ TOKYO at BAKERYCAFE426(~5月6日)@原宿ピアザビル

“夜のお菓子”でおなじみ、うなぎパイのアレンジスイーツなどを販売する期間限定ショップ。「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」など見た目も豪華なメニューや、東京ではなかなかお目にかかれないブランデー入りうなぎパイなどが登場。

http://isuta.jp/47852/

~アート&デザイン~

・マグリット展(~6月29日)@国立新美術館

シュールレアリスムを代表する画家、ルネ・マグリットの13年ぶりとなる本格的な回顧展。「これどうなってるの!?」と誰もが思わず不思議な世界に引き込まれ、予備知識などなくても楽しめる。

http://magritte2015.jp/index.html

・チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地(~5月10日)@日本科学未来館

開幕からおよそ1カ月で10万名を超える来場者を記録し、会期延長が決定した人気イベント。展示されているのは、世界各国で高い評価を得ている「デジタルアート」と、全国各地で子どもたちを楽しませ、発展を続ける「学ぶ!未来の遊園地」プロジェクトの作品合計14点。

http://isuta.jp/44161/

・The Crystal Fireworks / クリスタル花火(~5月6日)@六本木ヒルズ 毛利庭園

同じくチームラボが手がける、これからの季節にぴったりな屋外企画。毛利庭園池上に、LEDで覆われた円柱のアート作品が出現し、来場者が自分のスマートフォンから光のクリスタルでできた立体の花火を打ち上げることができる。

http://isuta.jp/49411/

・蜷川実花「Self-image」(~5月10日)@原美術館

フォトグラファー、映画監督として活躍する蜷川実花初となる、セルフポートレートを中心とした個展。初期から断続的に撮影してきたモノクロームのセルフポートレート群は、自身が「生身に近い、何も武装していない」と語る特別な写真たちだ。

http://isuta.jp/44070/

~動物&科学~

・大アマゾン展(~6月14日)@国立科学博物館

「ついに、冒険の時が来た。」をキャッチフレーズに、大河アマゾンにまるで冒険に出かけるような雰囲気の中、巨大アナコンダやアルマジロ、水草やピラニアの生体展示、美しい鳥の羽がついた先住民の頭飾りなど約400点もの貴重な資料を展示。ジャングル気分を味わえる4Kシアターなどもあり、大人もワクワクすること間違いなし。

http://www.tbs.co.jp/amazon-ten/

・ペンギンキャンディ(~7月17日)@すみだ水族館

幅24m、奥行き14mという日本最大級の屋内開放型の“ペンギンプール”を、5000のキャンディカラーの光で満たすプロジェクションマッピング。1日4回開催される10分間のプログラムだが、そのほかの時間も常時光の演出を行い、47羽のペンギンたちの生態本来の動きを引き出す、新しい手法の行動展示に挑戦するという。

http://isuta.jp/45707/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP