体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10日開業 「ららぽーと富士見」の見どころをチェック

10日開業 「ららぽーと富士見」の見どころをチェック(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

三井不動産は、4月10日(金)に埼玉県富士見市に「三井ショッピングパーク ららぽーと富士見」をグランドオープンする。東京ドーム3個分という広大な敷地に、293店舗が出店し、東武東上線エリアでは最大級の大型ショッピングセンターになるという。10日のグランドオープンに先駆け、6日に報道関係者向けの内覧会が開催されたので、その様子をお届けしよう。郊外型の商業施設には珍しく、路線バスが充実

ららぽーと富士見は、三井不動産が展開する大規模郊外型商業施設としては全国で13施設目となり、埼玉県を含む北関東エリアの旗艦店として位置づけられている。所在地は埼玉県富士見市山室1-1313。国道254号バイパスと県道三芳富士見線が交差する角に位置しており、富士見市役所の目の前という立地だ。自家用車でのアクセスが中心と想定されているのだが、路線バスも充実している。最寄駅の東武東上線鶴瀬駅からは路線バスで約6分。さらに、東武東上線急行停車駅のふじみ野駅や志木駅、さらにはJR大宮駅や南与野駅からも路線バスが出ており、公共交通機関の利用も便利そうだ。大人から子どもまで楽しめる体験型店舗が充実

ららぽーと富士見では、セレクトショップやインポートブランド、スポーツ・アウトドア、百貨店、シネマコンプレックス、クリニックモールなど、100種類以上の業種、293店舗が出店している。さらに、ららぽーとでは最大面積となる4万2000m2の屋外空間には、ランニングコースや健康遊具を併設した緑地公園に、ドッグラン、バーベキュー広場、フットサルコートなどを設けている。

【画像1】埼玉県内で初出店となるシネマコンプレックス「TOHOシネマズ ららぽーと富士見」。映画のシーンに合わせて、シートが前後、左右、上下に動くとともに、風、ミスト、香り、ストロボ、煙や振動などの特殊効果が体験できる「MediaMation MX4D」が、日本で初めて導入されている(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】埼玉県内で初出店となるシネマコンプレックス「TOHOシネマズ ららぽーと富士見」。映画のシーンに合わせて、シートが前後、左右、上下に動くとともに、風、ミスト、香り、ストロボ、煙や振動などの特殊効果が体験できる「MediaMation MX4D」が、日本で初めて導入されている(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】オープンキッチンを随所に取り入れた売り場展開と、料理相談に対応するクッキングサポートを常時設置したスーパーマーケット「ヤオコー」(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】オープンキッチンを随所に取り入れた売り場展開と、料理相談に対応するクッキングサポートを常時設置したスーパーマーケット「ヤオコー」(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像3】「お絵かき水族館」、「光のボールでオーケストラ」、「天才ケンケンパ」など、デジタルテクノロジーを使った6種類のアート体験ができる「チームラボアイランド - 学ぶ!未来の遊園地 -」。同店舗では初の常設店舗となる(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像3】「お絵かき水族館」、「光のボールでオーケストラ」、「天才ケンケンパ」など、デジタルテクノロジーを使った6種類のアート体験ができる「チームラボアイランド - 学ぶ!未来の遊園地 -」。同店舗では初の常設店舗となる(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像4】日本初出店となるレゴストアに併設する「レゴスクール」(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会