体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

部屋が宇宙空間に!ブラックライトを使ったアートがスゴすぎる

部屋が宇宙空間に!ブラックライトを使ったアートがスゴすぎる
 あるアーティストの、ブラックライトを使った作品が世界的に話題になっている。壁一面に特殊な塗料で絵を施したその作品は、部屋を暗くしてブラックライトをつけると全貌を現す。何の変哲もなかった部屋が、一気に宇宙空間へと姿を変えるのだ。

 作品を手がけるのはBogi Fabian(ボギ・ファビアン)さんという女性アーティスト。そのインスピレーションの源について、彼女に直接取材する機会を得ることができた。

 「多くの人と同じように……」と彼女は語り始めた。「宇宙の現象、そして私たちの惑星の美しい景観に、私もまたインスパイアされています」

 宇宙や自然に対する、畏怖を伴うほど「美しい」と感じる思いを、彼女はそのままダイレクトに作品に込める。

 主に宇宙をモチーフにした作品について当編集部が取材の打診をしたところ、彼女から「実は現在、新しい作品のスタイルを手がけている」との話があった。新作は宇宙空間と地球の自然――2種類の異なる景観が人に与える感動を、ひとつの作品に込めるというものである。

 ここでもブラックライトが活躍する。キャンバスに複数の絵の具の層を重ねることで、ブラックライトのオン・オフによってまったく異なる2つの作品が楽しめるのである。

 「ブラックライトを使えば、アマゾン川の川床と、生まれたばかりの銀河を切り替えることができます」

 アーティストとして進化を続けるボギ・ファビアンさん。今後も彼女の活躍に注目したい。

■関連リンク
Gorgeous Glow-in-the-Dark Murals Only Visible Under UV Light – My Modern Met
BOGI FABIAN公式サイト
Bogi Fabian – Facebook

Scoopie Newsの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。