ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ONE OK ROCK ライブ映像作品から6万人が熱狂した「Mighty Long Fall」を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ONE OK ROCKが4月29日にリリースする、Live DVD & Blu-ray『ONE OK ROCK 2014“Mighty Long Fall at Yokohama Stadium”』から、ライブタイトルでもある「Mighty Long Fall」のライブ映像を公開した。

 ミュージック・ビデオでのスタイルとも違い、ひたすらに熱く、エモーショナル溢れるLIVEパフォーマンスは見るものを圧倒する。会場の熱気や臨場感あふれる様子が伝わってきて、非常に見応えのある映像となっている。

 このLIVE DVD & Blu-rayは、2014年9月13日、14日の2日間にわたり、横浜スタジアムにて開催したライブを映像化したもの。昨年は、国外でのライブ活動が中心となっていた彼らの昨年唯一日本で行われた単独公演で、ライブを待ち焦がれた6万人オーディエンスが各地から集まり、熱狂的な盛り上がりを見せたライブの映像作品。収録内容としてはアンコールまでの全22曲が全て含まれており、また約60ページにわたるフォトブックも付いている。

 ONE OK ROCKは5月から全国アリーナツアー【ONE OK ROCK 2015“35xxxv”JAPAN TOUR】を開催する。

◎「Mighty Long Fall」ライブ映像
https://youtu.be/i7seozLvbHw

◎リリース情報
『ONE OK ROCK 2014“Mighty Long Fall at Yokohama Stadium”』
2015/04/29 RELEASE
<DVD>AZBS-1030 5,000円(tax out.)
<Blu-ray>AZXS-1011 6,000円(tax out.)
※初回限定仕様のみハードカバー付き60ページフォトブック&三方背ケース

<SET LIST>
01.アンサイズニア
02.Deeper Deeper
03.Nothing Helps
04.Let’s take it someday
05.C.h.a.o.s.m.y.t.h.
06.Clock Strikes 07. 69
08.未完成交響曲
09.Mighty Long Fall
10.Living Dolls
11.Be the light
12.A Thousand Miles (Vanessa Carlton)
13.欲望に満ちた青年団
14.Heartache
15.Decision
16.Re:make
17.恋ノアイボウ心ノクピド
18.NO SCARED
19.完全感覚 Dreamer
En-1.Wherever you are 21. キミシダイ列車
En-2.The Beginning

◎ツアー情報
【ONE OK ROCK 2015“35xxxv”JAPAN TOUR】
2015年5月9日(土)静岡・静岡エコパアリーナ
2015年5月10日(日)静岡・静岡エコパアリーナ
2015年5月13日(水)新潟・朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
2015年5月16日(土)宮城・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
2015年5月17日(日)宮城・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
2015年5月23日(土)神奈川・横浜アリーナ
2015年5月24日(日)神奈川・横浜アリーナ
2015年5月30日(土)広島・広島 グリーンアリーナ
2015年5月31日(日)広島・広島 グリーンアリーナ
2015年6月4日(木)大阪・大阪城ホール
2015年6月6日(土)大阪・大阪城ホール
2015年6月7日(日)大阪・大阪城ホール
2015年6月16日(火)名古屋・日本ガイシホール
2015年6月17日(水)名古屋・日本ガイシホール
2015年6月20日(土)愛媛・愛媛県武道館
2015年6月21日(日)愛媛・愛媛県武道館
2015年6月27日(土)福岡・マリンメッセ福岡
2015年6月28日(日)福岡・マリンメッセ福岡
2015年7月04日(土)北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
2015年7月05日(日)北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
2015年7月11日(土)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
2015年7月12日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ

info:http://www.oneokrock.com

関連記事リンク(外部サイト)

FTISLAND ワンオクTakaとの共作曲収録のニューアルバムリリース決定、最新アー写&ジャケ写も解禁
「ロック・シーンに翼をさずける」RED BULL主催のバンド・サポート・プロジェクトが今年も開催
Album Review:ONE OK ROCK『35xxxv』 USメインストリームとの融合が進んだバンド最高傑作が告げるJ-POP変化の時

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP