体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

真夜中の東京ドームで草野球してきた

01_IMGP0994

野球人の聖地といえば甲子園と東京ドーム。今年で著者が所属している草野球チームが結成20周年となったのですが、その記念試合という口実で、東京ドームで草野球をやってきました。

そもそも東京ドームなんか借りられるの?

東京ドームなんてそもそも草野球で借りられるんだ!と驚く方も多いのではないでしょうか。実は東京ドームは普通に一般開放を行っていて、東京ドームシティのホームページを見てもその情報が掲載されています。
https://www.tokyo-dome.co.jp/dome/play/fee.html

しかし、料金は最安の平日午前で140分35万円、一番仲間を集めやすいであろう週末の夜間になると140分で55万円とかなりのお値段になってしまいますし、そもそも今はプロ野球シーズンの真っ只中ですのでほぼすべての枠が予約でいっぱいになってしまっています。

グラウンドを確保したところで対戦相手チームがいなければ試合はできませんし、その高額料金を折半してくれるチームを探すのも至難の業でしょう。最悪、グラウンドを確保したのに相手を確保できないなんて恐れも…。
そう考えると、開放はしているものの、東京ドームでの試合を実現させるのはかなりハードルが高いといえるでしょう。

東京ドームで行われている大会に参加する!

それでは今回いかにして著者のチームが試合を実現させたかというと、週末の深夜時間帯を使って大会を主催している団体があり、そこに参加を申し込むことによって簡単に、しかもリーズナブルにセッティングができたのです!

それは『KUSA1』という大会を行っている団体なのですが、深夜の時間帯(23:30~5:00)を貸し切って4試合をセッティングするという形で運営を行っていて、1試合の時間は85分と短くなってしまうものの参加費は週末なのに約15万円で済むですからグッとハードルは下がります。

15万円なら15人で参加すれば1人あたり1万円ですし、対戦相手は主催者がセッティングしてくれるので相手が見つからずに試合ができなかったり、余計にお金がかかってしまうリスクもありません。

お金の感覚は人それぞれですが、野球好きな人にしてみれば、あまり苦労せず1万円で一生の思い出ができると思えば、かなりリーズナブルなのではないでしょうか。

試合当日。言葉で言い表せない感動がそこに!

そしていよいよ試合当日。試合は深夜2時20分からという普通ではありえない時間帯となったため、集合したい時間にはすでに電車が止まってしまいます。
そこで24時頃から東京ドームシティーのデニーズに集合して入場まで待機することにしますが、すでにメンバーのテンションは最高潮!普段この時間はもう寝ている人も、仕事を終わらせて駆けつけた人も、転勤先の北海道からこのために帰ってきた人も、みんないい表情をしています。

のんびりと会話をしながら過ごしていると気がつけば試合開始30分前。いよいよ東京ドーム入場時間となりました!関係者入口から入場するのですが、その非日常感もまたテンションが上がりますね。観客として入場するときと同様に厳重に荷物チェックを行い、普段通れない通路を進んでグラウンドへと向かいます。

02_P4052890

そしてベンチ裏の階段をのぼると、目の前にはライトに照らされたグラウンドが!

03_P4052896

階段をのぼって、視線の上の方からグラウンドが見えてくるという光景があまりに美しく、本当に言葉にならない感動がありました!この景色を見られるだけでもお金を払う価値はあるかも!

グラウンドではその前の時間帯の試合が行われていますが、両チームとも和やかな雰囲気でものすごく楽しそう。著者のチームはその間、外野のファウルグラウンドを使ってキャッチボールなどをしてアップをさせてもらいます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。