体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「カツカレー大盛り」って漢のロマンだよね @東京都八王子市『そば処 長岡屋』

foodpic5979404

『カツカレー』と聞いて人は何を想うのでしょうか? 日本人なら誰もが好きな日本のカレー、すなわちジャパニーズカレーライスにサクサク衣のトンカツ… まさに日本が世界に誇る食文化の結晶と言えるメニューでしょう。

ちなみに、筆者的に2020年の東京オリンピックで来ると思っているのは

『カツカレー』
『親子丼』 
『ラーメン二郎』

であると確信しています。これらのメニューが大々的に海外メディアで特集され、これまでの寿司&天麩羅を上回るブームが来るのは間違いないでしょう。

しかし、誰からも愛される『カツカレー』ですが、その裏には恐ろしい一面があります。
いわゆる「デカ盛り」の定番のひとつが『カツカレー』である事を忘れてはいけません。初めての店で迂闊にも

「カツカレー大盛り!」

を頼んだりするのは、如何なモノかと存じます。店によっては大盛りにした途端、とんでもないデカ盛りが来る可能性を忘れてはなりません。

nagaoka-katuka1_R

八王子でも屈指のデカ盛り店『長岡屋』のカツカレー

東京都八王子市にある『長岡屋』は、その界隈では有名なデカ盛りの店です。基本的には普通に美味しい蕎麦屋さんなのですが「大盛り」にした途端、普通ではないボリュームに変化します。

さらに裏メニューと言える「特盛り」ともなると、テレビに出るレベルの人、すなわち「セミプロ以上の実力」を持った人でなければ完食は不可です。素人が興味本位でオーダーするのは絶対に止めて下さい。

そんなデカ盛りの中でもカツカレーは別格で、そのスジでは

「長岡屋のカツカレー大盛りを食べて、初めて一人前の漢と認められる」

と言われています。『長岡屋』のカツカレー大盛りは、まさにデカ盛り界への登竜門と呼べる一品なのです。

まあ、そもそもがフードファイターを目指している訳でもない筆者が、挑む必要があるのかって話ですけどね。

nagaoka-katuka2_R

蕎麦屋のカレーの美味しさの秘密

いわゆる「蕎麦屋のカレーは美味い!」と言う噂の真相を暴いておきましょう。誰もが聞いた事のある都市伝説みたいなモノですが、なんで蕎麦屋でカレーなのでしょうか?

基本的に蕎麦屋のカレーは、ぶっちゃけ「業務用のカレー」です。業務スーパーに行くと売っているカレー粉(カレールー)を使っています。

ちなみに家庭用のカレーと業務用のカレーでは、同じメーカー、同じ銘柄でも微妙に違います。業務用のカレーを研究する為に業務スーパーマニアの筆者がアレコレ試した結論です。

業務用だと何が違うのかと言うと、家庭用との絶対的な違いは「とろみ」ですね。ちょっと冷めてくると、途端に「もったり」した感じになるのが業務用のカレーです。

なんで同じ銘柄なのに、わざわざ細部を変えて来るのでしょうか? あくまでも筆者の妄想ですが、恐らくは営業中に

「もしかしてカレー足りねぇとかヤバイんじゃね?」

みたいな緊急事態が発生した場合に、水でシャバくしてもカレーとしての「とろみ」を維持する為かと思われます。
もしくは、最初から材料をケチってシャバく作ったカレーでも、なんとか体裁を保てるように家庭用よりも「とろみ」が強く出るようにメーカーが調整しているのでしょう。

「それって家のカレーより不味いんじゃね?」

みたいな疑問が浮かびますが、そうです。その通りです。
筆者も一通りの業務用カレーを試してみましたが、最終的な結論から言うとカレールーは普通のスーパーで売っているカレールーの方が美味しいです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。