ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Firefox 38 Beta」がリリース、Rubyによるルビ表示などをサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Mozilla が Android 版 Firefox の次期バージョン「Firefox 38」のベータ版を 4 月 1 日付けでリリースしました。Firefox 38 のリリース版では、スクリプト言語の Ruby を利用したアノテーションをサポートしており、HTML Ruby といったアドオン不要で「ふりなが」などに用いられるルビを表示することが可能になりました。主に日本や中国のユーザーを対象にした改善です。新機能としてはこのほか、ロケールに「アゼルバイジャン語(az)」が追加されています。このほかはいくつかの仕様変更が行われています。ユーザー名とパスワードフィールドにおけるオートコンプリート無効化オプションのサポートを廃止し、ページロード時間の短縮化などです。「Fierfox Beta」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
フランスのキャリアがSony Mobileよりも先に「Xperia Z1」「Xperia Z1 Compact」「Xperia Z Ultra」のAndroid 5.0アップデート実施を発表
Google、Google Playストアアプリ v5.4を配信開始、Lollipop端末用のUIに没入感を高める変更を実施
Philips、持ち運べるバッテリー内蔵のスマートLED照明「Hue Go」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP