ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新生活・模様替えに!カフェにありそうな「おしゃれインテリア」7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


進学や就職など、新生活をスタートさせた方も多いでしょうか。
引っ越したり、部屋の模様替えをして気分を新たにしたいあなたのために、カフェにありそうなおしゃれなインテリアを7つ、紹介します!

1. カルテル「コンポニビリ」


とてもオシャレで可愛い収納。
部屋はもちろん、洗面所などでも便利。細々したものを隠せて便利ですね。
30年以上前から愛され、今でもベストセラーアイテムとして様々な年齢層のユーザーに愛されている逸品。

■イタリア・デザイン家具のKartell<カルテルショップ>
https://www.kartell-shop.jp/detail/?p=1000042

2. 「パントンチェア」


デンマーク出身のデザイナー、Verner Panton(ヴァーナー・パントン)が自身の名前を冠したPanton Chair(パントンチェア)は、プラスチックの一体成型という非常に画期的な手法を用いて作られた、20世紀を代表する椅子の一つ。
硬い素材ですが意外にも座りやすく、いくつも重ねて収納できるのも特徴。

■Vitra | Products: Panton Chair Classic
https://www.vitra.com/en-jp/product/panton-chair-classic?subfam.id=38120

3. イームズ「シェルチェア」


あなたもカフェで見かけたことがある?オシャレなチェアは、ミッドセンチュリーを代表する製品。
大量生産された初のプラスチック製チェアで、発表された1950年当時のままのスタイリッシュなデザインは、現在も新鮮!
座面や脚は、色々なタイプがありますよ。

■イームズ プラスチックシェルサイドチェア / ハーマンミラーオンラインストア
http://storesystem.hermanmiller.co.jp/fs/hmjapan/DSR_47ZFE8

4. イームズ「ハングイットオール」


こちらもイームズのもの。子供向けの家具として1953年に発売されました。
ポップなデザインで、可愛いですね。
帽子やバッグを掛けるのに最適。

■イームズ ハングイットオール – ハーマンミラー
http://www.hermanmiller.co.jp/products/accessories/accents/eames-hang-it-all.html

5. 「ボールクロック」


1949年にデザインされた時計。
先端のボール部分は木製で、ポップながらも柔らかい印象を与えてくれます。
見て楽しいインテリアのアクセントとして、とても人気がありますよ。

■ボールクロック マルチカラー アクセサリー ハーマンミラーオンラインストア
http://storesystem.hermanmiller.co.jp/fs/hmjapan/AVMVIT20125003

6. バンカーズボックス


不動の人気を誇るロングセラー商品のこちらは、ユニクロなど手掛ける人気デザイナー・佐藤可士和さんのオシャレなオフィスでも使用されていることで有名。
ふた式で使いやすく、二重構造になっていてとても丈夫。
書類だけでなく、衣類等の保管にも良いですね。

■バンカーズボックス|商品一覧 フェローズジャパン
http://www.bankersbox.jp/products/index.html

7. サンスベリア(観葉植物)


最後はグリーン。
部屋に観葉植物があると、癒やされますね。
このサンスベリアは、あまり世話をしなくても枯れにくいので、ズボラなあなたでも安心。
近所のホームセンターなどでも売っていますし、ネットでも買うことができますよ。

■サンスベリアの育て方:花と緑のある生活|住まいの豆知識|ホームセンタービバホーム
http://www.vivahome.co.jp/green_life/hanatomidori/7gatu/01sunsuberia/

あなたの部屋に置くとしたら、どれ?

どれもオシャレでほしくなるのですが、「値段が高くて手が届かない」というものもありますね。

でも実はこれらの商品、本家の著作権切れのデザインを使って別会社が製造した「ジェネリック製品」「リプロダクト品」というものがあり、アマゾンや楽天などでとても安く売っているんです
そちらなら、安価でオシャレな部屋を作ることができますね!

なお、本家の製品の品質は間違いないですが、本家以外が製造したジェネリック製品については品質がバラバラ。
ネットで購入の際は、その点に注意しましょう。

とはいえ、安価でオシャレなインテリアが手に入るのは嬉しいですね。

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:ホラノコウスケ 企画:ガジェット通信

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP