体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<在日外交官のお宅拝見>米国流、大人のエンターテインメントな暮らし!

<在日外交官のお宅拝見>米国流、大人のエンターテイメントな暮らし! (写真撮影:藤本和成)

同じ日本のマンションに住んでいても、住人の国籍やその文化によって異なる住空間になるもの。
前回レポートではフランス人宅の”エスプリ”を紹介しましたが(http://suumo.jp/journal/2015/03/20/79914/)、今回は六本木に住むアメリカ人のお宅拝見。さて、どんなアメリカ人”らしさ”が見られるでしょうか?気に入った六本木のマンションで、ステージ・アップ転居!

お招きくださったのは、米国のノースカロライナ州政府日本事務所代表:Leland Gaskins(リーランド・ガスキンズ)さんとその妻のCarolyn Gaskins(キャロリン・ガスキンズ)さん夫妻。
「この部屋に住んで4年目ですが、このマンションは8年目になります」。2002年にニューヨークから移ったときには現在より下の11階で、面積も49m2と狭い部屋だったということ。

【画像1】六本木高層マンションの最上階(19階)、85m2の1LDK。広いリビングルームは南東角部屋で昼間は明るく、夜もカーテンは閉めずに夜景を楽しむのだそう(写真撮影:藤本和成)

【画像1】六本木高層マンションの最上階(19階)、85m2の1LDK。広いリビングルームは南東角部屋で昼間は明るく、夜もカーテンは閉めずに夜景を楽しむのだそう(写真撮影:藤本和成)

【画像2】ビックリの夜景!東京タワーが目の前で輝く。米国では住宅価値の評価において「View (眺望)」は重要項目、これは超ラグジュアリー級(写真撮影:藤本和成)

【画像2】ビックリの夜景!東京タワーが目の前で輝く。米国では住宅価値の評価において「View
(眺望)」は重要項目、これは超ラグジュアリー級(写真撮影:藤本和成)

【画像3】ノースカロライナ州政府日本事務所代表のリーランドさん(左)、妻のキャロリンさんも仕事から帰宅された平日夜に取材。「お互い仕事場に歩いて通える六本木は好都合。日本の通勤ラッシュは絶えられません(笑)」(写真撮影:藤本和成)

【画像3】ノースカロライナ州政府日本事務所代表のリーランドさん(左)、妻のキャロリンさんも仕事から帰宅された平日夜に取材。「お互い仕事場に歩いて通える六本木は好都合。日本の通勤ラッシュは絶えられません(笑)」(写真撮影:藤本和成)

「このマンションは管理が良く気に入ったので、最初の11階から数年後に最上階の19階へ転居。その後、同じ19階で広いこの部屋が空き、4年前に移りました」
同じマンション内、8年間で3軒目の転居とは!? これはAmericanならでは。より良い住環境を求めて労をいとわない。”住めば都”と少々の不満は我慢、の日本人的感覚では考えられない行動力だ。インテリア好きのリーランドさんがセレクト、コンテンポラリー・スタイル

「うちのインテリアは全て、彼のコーディネートよ!」と、キャロリンさんがリーランドさんを見る。
「そう、私はインテリア・デザイナーになりたかったくらい好きなのです」

【画像4】この部屋のコーディネートの始まりは、このチェア。イタリアDePadova社の「Basket」はデザイナーMagistrettiによる名作。「この曲線美によるプロポーションが素晴らしい」(写真撮影:藤本和成)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。