ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

<在日外交官のお宅拝見>米国流、大人のエンターテインメントな暮らし!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

同じ日本のマンションに住んでいても、住人の国籍やその文化によって異なる住空間になるもの。
前回レポートではフランス人宅の”エスプリ”を紹介しましたが(http://suumo.jp/journal/2015/03/20/79914/)、今回は六本木に住むアメリカ人のお宅拝見。さて、どんなアメリカ人”らしさ”が見られるでしょうか?気に入った六本木のマンションで、ステージ・アップ転居!

お招きくださったのは、米国のノースカロライナ州政府日本事務所代表:Leland Gaskins(リーランド・ガスキンズ)さんとその妻のCarolyn Gaskins(キャロリン・ガスキンズ)さん夫妻。
「この部屋に住んで4年目ですが、このマンションは8年目になります」。2002年にニューヨークから移ったときには現在より下の11階で、面積も49m2と狭い部屋だったということ。

【画像1】六本木高層マンションの最上階(19階)、85m2の1LDK。広いリビングルームは南東角部屋で昼間は明るく、夜もカーテンは閉めずに夜景を楽しむのだそう(写真撮影:藤本和成)

【画像2】ビックリの夜景!東京タワーが目の前で輝く。米国では住宅価値の評価において「View
(眺望)」は重要項目、これは超ラグジュアリー級(写真撮影:藤本和成)

【画像3】ノースカロライナ州政府日本事務所代表のリーランドさん(左)、妻のキャロリンさんも仕事から帰宅された平日夜に取材。「お互い仕事場に歩いて通える六本木は好都合。日本の通勤ラッシュは絶えられません(笑)」(写真撮影:藤本和成)

「このマンションは管理が良く気に入ったので、最初の11階から数年後に最上階の19階へ転居。その後、同じ19階で広いこの部屋が空き、4年前に移りました」
同じマンション内、8年間で3軒目の転居とは!? これはAmericanならでは。より良い住環境を求めて労をいとわない。”住めば都”と少々の不満は我慢、の日本人的感覚では考えられない行動力だ。インテリア好きのリーランドさんがセレクト、コンテンポラリー・スタイル

「うちのインテリアは全て、彼のコーディネートよ!」と、キャロリンさんがリーランドさんを見る。
「そう、私はインテリア・デザイナーになりたかったくらい好きなのです」

【画像4】この部屋のコーディネートの始まりは、このチェア。イタリアDePadova社の「Basket」はデザイナーMagistrettiによる名作。「この曲線美によるプロポーションが素晴らしい」(写真撮影:藤本和成)

【画像5】「色彩を楽しむのが好き」と、リーランドさんが選んだ家具と絵画のカラーコーディネートは上級テクニック(写真撮影:藤本和成)

赤いソファはCassina社(デザイナーLissoni)、紫のシェーズロングはligne roset社、メインの黒レザーソファはzanottaと有名ブランドが並ぶ!「よく、家具ショップ巡りをします。海外でオーダーしたり、ネット通販もしますよ。税関手続きやデリバリーが大変ですけどね」と、リーランドさんの”インテリア男子”ぶりは本物だ。テレビは見ない、車を持たない、知的なスローライフ

「私たち夫婦はアウトドア派なので、実はあまり家に居ないのよ」、と笑うキャロリンさん。
かなりアクティブなBike-riders(自転車乗り)のようで、「休暇は小田原〜名古屋をサイクリングしました。自転車で花の香りを楽しみながら、小さな町を見て回るの」

【画像6】キャロリンさんは米国民間企業にお勤めのキャリアウーマン、明るくWelcomeな笑顔で取材を和ませてくれた(写真撮影:藤本和成)

そんなGaskins邸の広いリビングルームに、テレビは見当たらない。
「家ではくつろぎたいので、リビングにテレビは必要ないわ。DVDで映画を見ることはあるので寝室に小さなテレビはあります」
私も常々、日本の居間に鎮座する必要以上に大きなテレビには違和感を持っている。海外の友人でも、英国人やフランス人のインテリにテレビを家に置かない人が多く、情報に振り回されている日本人との違いを感じていたから。

【画像7】寝室の片隅に映画鑑賞用の小さなテレビのみ。アートのチョイスと照明の使い方が、日本人より上手いと思う(写真撮影:藤本和成)

自転車の旅先で出会った、「Mashiko(益子焼)、Arita(有田焼)。日本の陶磁器は大好きです」お気に入りの陶器がリビング棚に飾られている。

【画像8】陶器を手に取って「素敵でしょ。ちょっと見て…」とキャロリンさん(写真撮影:藤本和成)

【画像9】花器の中から出てきたのは「空調のリモコンよ(笑)眼鏡もお皿にしまっておくと散らからなくて良いでしょ」。アートも実用的に。このナイス・アイデア、頂きます!(写真撮影:藤本和成)ホーム・パーティーの本場、米国ならではのインテリアが!

日ごろはほとんど外食生活のお二人だが、知人を招いてのパーティーは多いようで
「11月のサンクスギビング・デイ(※)には20人くらい集まったわ。夏には、東京湾花火大会がここから見えるので子どもたちも大喜びよ」とキャロリンさん。
※サンクスギビング・デイとはアメリカ、カナダの祝日、感謝祭のこと。アメリカは11月の第4木曜日で、土日まで含めて4連休になり、家族が集まって七面鳥などの料理を楽しむ日となっている

【画像10】ワンルームで広いリビング・ダイニングは、大勢が集まるパーティーに都合が良い。
同一空間でも背景に飾る絵の色調やタッチを変えるだけで、各ゾーンに違った雰囲気が生まれる(写真撮影:藤本和成)

そして…ホーム・パーティーを演出する秘密兵器、発見!ナント、リビングルームの天井にミラーボールが回る!!

【画像11】東京タワーの夜景にミラーボール!これでパーティーが盛り上がらないはずはない。
リーランドさんが自分で配線も取り付けたらしい、やはりDIYも本場のAmerican(写真撮影:藤本和成)

日本より転職のハードルが低いアメリカ社会。国内でも仕事のために転居するのは日常茶飯事である。新しいコミュニティに移るのに不安はないか?と聞くと「No」と即座に二人が答えた。
「新しい友と出会えることは楽しみ」「米国では昔から、転居者にご近所さんがパイやクッキーを焼いて訪ねる習慣があるのよ」
日本は逆に転居者が手土産持ってあいさつに周ることからも、文化やコミュニティの在り方に違いを感じた。
そしてリーランドさんは、Billy Joel(ビリー・ジョエル)の歌 『You’re My Home』にあるフレーズを口ずさんだ…
“wherever we’re together that’s my home. “ どこであろうと二人一緒なら、そこがマイ・ホーム。
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/04/03/81331/

【住まいに関する関連記事】<在日外交官のお宅拝見>粗大ゴミすらアートに!フランス流インテリア
シンプルなインテリアは、アイデア次第でどんな風にも使えて便利
見えないところもスッキリ!無印良品アドバイザーの収納テクニック
毎日のストレスを解消! ちょっとした工夫で洗濯機まわりをスッキリ便利に
何かと注目が集まる“宇宙”を感じられるインテリアグッズをご紹介

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP